シネマトゥデイ

櫻井翔、1,000人つめかけたレッドカーペットに登場!「外タレ気分」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
櫻井翔にファン興奮!

 櫻井翔が4日、東京ミッドタウンにある日比谷ステップ広場で行なわれた映画『ラプラスの魔女』完成記念イベントに広瀬すず福士蒼汰志田未来佐藤江梨子高嶋政伸三池崇史監督と共に登壇した。櫻井は約1,000人が待ち構えるレッドカーペットを闊歩(かっぽ)し、テレビクルーの取材を受けると「外タレになった気分で高揚感でいっぱいでした」と満面の笑顔を浮かべていた。

【写真】広瀬すず&福士蒼汰も!豪華キャスト集結!

 本作は、ベストセラー作家・東野圭吾が「これまでの小説をぶっ壊してみたかった」と執筆した意欲作を、鬼才・三池崇史監督が映画化。連続して起きた奇妙な死亡事件をきっかけに、調査を進める大学教授・青江(櫻井)や、自然現象を操れるという「不思議な力」を持つ謎の女・円華(広瀬)らが、その真相をあぶり出す姿を描く。

[PR]

 櫻井は「ミッドタウン日比谷がオープンしたと聞いていて、行ってみたいと思っていたので、こうしたレッドカーペットイベントで来ることができてうれしい」と語ると、手を振るだけで大歓声が起こるレッドカーペットでは、気軽にファンの声援にこたえるなどイベントを楽しんでいる様子だった。

豪華キャスト集結

 4年ぶりの映画単独主演となることに「そんなに時間が空いていたんだな」と櫻井は感想を述べると「それ以上に『ヤッターマン』以来、約10年ぶりに三池監督とご一緒できたことがうれしかった。僕が言うのもおこがましいかもしれませんが、当時の気心が知れたスタッフさんもいて、ふるさとに帰ってきた感覚でした」と三池組での現場が充実していたことを明かしていた。

 そんな櫻井に、三池監督が「我々にも現場に入りたてのスタッフにも、同じ目線で話してくれる人。トップスターでありながら、そういうスタンスでいるのは難しいことなのに、縦ではなく、横でコミュニケーションをとれる人」と人柄を絶賛すると、櫻井は「広瀬さんや福士さんをはじめ、超豪華キャストの見たことのない表情やお芝居が詰まっています」と最高のスタッフと共に作り上げた映画に自信をのぞかせていた。(磯部正和)

映画『ラプラスの魔女』は5月4日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]