高田翔、先輩・辰巳雄大と初共演に「すぐ同級生のように」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から高田翔(白川拓也役)、伊藤萌々香(沢渡佐由理役)、辰巳雄大(藤沢浩紀役)

 映画『君の名は。』の新海誠の同名初長編アニメーションを舞台化した「雲のむこう、約束の場所」の記者会見が6日、都内で行われ、主人公の藤沢浩紀を演じる辰巳雄大ふぉ~ゆ~)と浩紀のクラスメイト白川拓也を演じる高田翔ジャニーズJr.)が出席。初共演で同級生役に挑んだが、高田は「(ジャニーズの)先輩と共演するのは久しぶり。初めましてでもあるので緊張しました。でもすぐ同級生のようになれた。僕はそもそも緊張しいなんで」と感想を述べて笑顔を見せた。

【写真】舞台「雲のむこう、約束の場所」キービジュアル

 津軽海峡を挟み南北に分断された日本を舞台に、少年少女の葛藤を描く本作。壇上にはヒロイン役の沢渡佐由理役の伊藤萌々香フェアリーズ)のほか、出演者の浅野温子湖月わたる松澤一之も。辰巳は登壇すると「新海監督の作品が舞台化されることだけでファンとして驚きだったんですけど、そこに自分が出て、しかも主演であること自体に感動しました」と感慨深げ。

[PR]

 上演する国際フォーラムは中学生の時に初めて舞台に立った思い出の場所だったといい、「あの時に心底芝居を好きだと思ったんです。やってやるぞという心意気で臨んでおります。この藤沢浩紀の人生を背負って舞台に立てたらいいなと思っています」としみじみ。

 作品のストーリーにも興味津々で「今回は同級生たちの青春物語。実はそういう作品に出ることにずっと憧れていたんです」といい、「後輩がやっているのを見ていいなって思っていたらジャニーズに入って20年目。ようやくそれをできるのが本当に嬉しい。自分の糧になる作品になると思います」と手ごたえを明かす。

 高田も「話が来て正直びっくりしました。新海監督といえばすごい方。そんな素晴らしい方の作品に出るのを嬉しく思います」とコメントし、「舞台化を聞いたときに映画を見てこれをどうやるんだろうって興味がわきました。そのあと台本が来て、このセリフを僕が言えるんだって。僕たちにしか見せられないものも絶対あると思うのでそういう部分を稽古で追及して皆さんにお見せできたら」と意気込みを述べた。

 伊藤も新海監督のファンだったといい、「家でインフル(エンザ)で寝込んでいるときに電話が来て、そのつらさも飛ぶくらいの嬉しさ」と感激の表情。「佐由理ちゃんは可愛い子で、こんな可愛い子が表現できるかなって。わたしは女子高だったので男子生徒と過ごすのも舞台を通じて経験できる。楽しみです」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

舞台「雲のむこう、約束の場所」は、4月20日より24日まで全7公演を東京国際フォーラムホールC(東京)にて、5月2日全2公演をNHK大阪ホール(大阪)にて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]