福士蒼汰、日比谷の街で大歓声を浴びる!

女性ファンから大声援を浴びていた福士蒼汰

 俳優の福士蒼汰志田未来が4日、東京ミッドタウン日比谷ステップ広場にて行なわれた映画『ラプラスの魔女』(5月4日公開)の完成記念イベントに、櫻井翔広瀬すず佐藤江梨子高嶋政伸三池崇史監督と共に来場。福士は本作で三池組3度目の出演となるが「三池監督から『この役はどうだ!』と与えていただいたような気分でした」と大いなる挑戦だったことを明かしていた。

【写真】櫻井翔&広瀬すず!豪華キャストが集結

 本作は、ベストセラー作家・東野圭吾の小説を基にした本格派ミステリー作品。「自然科学的に絶対に不可能な事件」の調査を警察から依頼された大学教授・青江(櫻井)や自然現象を操れるという謎の女・円華(広瀬)らが真相に迫っていく姿を描く。メガホンを取ったのは『ヤッターマン』などの三池監督。

[PR]

 「とにかく安心感があるんです」と絶大なる信頼を三池組に置いているという福士。これまでの爽やかなイメージとは違い今作では「悪魔」を演じているが「悪魔を演じる機会はなかなかないので、悪役というのは楽しいですね」と笑顔を見せつつも「でも、あまり悪魔とかヴィランとかを意識することなく、一人の人間として、どんなエネルギーに突き動かされて生きているのかなどを考えて演じました」と役作りについて述べていた。

レッドカーペットを楽しんでいた志田未来

 一方の志田は、劇中ややホッコリとする役割を担っていたが「この映画の撮影は1日しかなかったので、あまりいろいろなことを感じることができなかったのですが、緊迫した作品のなかで、ホッとできるシーンになればと思って演じました」と笑顔。撮影が短かった分、たくさんの人が詰め掛けたレッドカーペットでは、多くのファンの熱気を楽しんでいるようだった。

 イベントでは櫻井と共に女性ファンからの大声援を浴びていた福士は「原作を読んで登場人物のキャラクターが興味深いと思ったのですが、映画になっても同様に濃いキャラクターになっています。そういった人たちがどういった心の動きを見せるのかに注目してほしいです」と見どころを語っていた。(取材・文:磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]