ロック様、共演者と確執『ワイルド・スピード9』カムバックするか不明

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ファミリーの絆が…画面中央がヴィン、その右がロック様(第6弾『ワイルド・スピード EURO MISSION』より) - Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾『ワイルド・スピード ICE BREAK』の撮影中に、ヴィン・ディーゼルとの確執が発覚したロック様ことドウェイン・ジョンソンが、第9弾にカムバックするかどうかについて「よくわからない」と Rolling Stone のインタビューで語った。

確執があったなんて…『ワイルド・スピード ICE BREAK』予告編

 『ワイルド・スピード ICE BREAK』の撮影中に、ロック様がInstagramで「チキン野郎」とある共演者への怒りをぶつけ、その後、それがヴィンのことだと判明。ヴィンはロック様の控室に出向き、二人だけで話し合いをしたものの、確執は消えないままだったという。さらには、第9弾の全米公開日が2020年4月10日へと1年延期されたことのは、ロック様演じるホブスとジェイソン・ステイサム演じるデッカードをメインにしたスピンオフ映画(2019年7月26日全米公開)が決まったからだと、今度はローマン役のタイリース・ギブソンがInstagramで不満を爆発させていた。

[PR]

 そして今回、ロック様は「ヴィンと僕は話し合いを数回行った。僕の控室で面と向かっての重要なものも含めてね。そして気づいたのは、僕たちは映画づくりや共同作業というものに対して、根本的に違う考えを持っているということだった。しばらく時間がかかったよ。でも、そうやってはっきりさせてくれたことをありがたく思っている。また一緒に仕事するかどうかにかかわらずね」と打ち明ける。

 最後の意味深な一文から、第9弾の出演について問われると「(出演するか)自分にはよくわからない」と答え、カムバックしない可能性があることを示唆。「今現在は、スピンオフを最高のものにしようと専念している。でも彼の最善を祈っているよ、僕たちにただ明確な違いがあるからって、悪意は抱いていないんだ」と続けていた。果たして、ロック様とヴィンは第9弾が動き出すまでに良好な関係に戻れるのか。本シリーズは第10弾まで製作されることが決まっており、ミア役の女優ジョーダナ・ブリュースターの久々の出演や、第3弾から第6弾でメガホンを取ったジャスティン・リンが監督を務めることで、ファンからの期待も高まっていた。(編集部・石神恵美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]