高畑勲監督『火垂るの墓』4・13金ローで放送決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
高畑勲監督の代表作『火垂るの墓』 - (C) 野坂昭如/新潮社,1988

 高畑勲監督が5日に肺がんのため82歳で亡くなったことを受け、高畑監督の代表作である1988年の映画『火垂るの墓』が、4月13日の「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、夜9時~)で放送されることが明らかになった。

名作『火垂るの墓』場面写真

 宮崎駿監督と共に日本アニメーション界をけん引してきた巨匠・高畑監督の代表作にして、戦争映画の金字塔でもある『火垂るの墓』は、空襲で母を亡くした14歳の少年・清太と4歳の妹・節子が共に生きようとした姿をリアルに描いた作品。幼い兄妹の目線を通して、戦争の愚かさを浮き彫りにした傑作として知られる。

 なお、同日放送予定だった『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は4月20日に放送変更となり、4月20日に予定されていた『パシフィック・リム』は放送日が決定次第、公式ホームページやSNSなどで発表予定とのこと。(編集部・吉田唯)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]