GReeeeN「愛唄」への想い映画に!横浜流星が主演

GReeeeNの「愛唄」への想いとは!?
GReeeeNの「愛唄」への想いとは!? - (C)2019「愛唄」製作委員会

 4人組音楽グループGReeeeNの2007年のヒット曲「愛唄」への想いをGReeeeN自身が描き出す映画『愛唄』の製作が発表された。主演を務めるのは「烈車戦隊トッキュウジャー」などの横浜流星。横浜は「GReeeeNさんの好きな楽曲の1つでもある『愛唄』から創造された物語を僕が演じさせていただけること、とてつもなくプレッシャーや責任を感じていますが、それ以上に幸せな気持ちでいっぱいです」というコメントを発表している。

【写真】横浜流星も出演『キセキ -あの日のソビト-』

 本作は、松坂桃李菅田将暉が共演してGReeeeNの代表曲「キセキ」誕生秘話を映画化した青春ドラマ『キセキ -あの日のソビト-』(2017)に続く、GReeeeNの映画プロジェクトの第2弾。同作にも出演していた横浜を主演に迎えてGReeeeNが脚本を担当し、ヒットソング「愛唄」への想いを込め、あらゆる愛の形を見せる物語がつむがれるという。

[PR]

 「脚本を読ませていただいて、涙しました。今の僕があるのも、毎日頑張れているのも、決して1人ではできていなくて、たくさんの人たちとの出会いや支えがあるからという大切なことに改めて気付かされました」という横浜。「とにかく、今を一生懸命生きること、すべてに感謝、恋をする、成長すること、音楽の偉大さ、たくさんのメッセージが詰まっている作品です」と紹介している。

 今作にはプロデューサーの小池賢太郎をはじめ、『キセキ -あの日のソビト-』のスタッフが再集結している。音楽は同作で日本アカデミー賞優秀音楽賞に輝いたJINが担当する。監督は『海月姫』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』などの川村泰祐。公開は2019年を予定している。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]