シネマトゥデイ

櫻井翔“おじさん”として大学生に「友達の大切さ」説く!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「おじさん」だなんてまたまた~!

 櫻井翔が19日、日本大学桜上水キャンパスで行なわれた映画『ラプラスの魔女』公開直前・日本大学文理学部地球科学科特別講義に広瀬すずと共にサプライズで出席した。櫻井は加藤央之教授、竹内真司教授が繰り広げるガチの講義に「ガッツリ講義なんですね」と苦笑いを浮かべると、真剣に授業を聞く約500人の学生たちに「僕は学生時代、ほとんど友達とお酒を飲んでいただけみたいなところがありました。勉強も大切だけれど、友達との時間を大切に学生生活を満喫すれば、いい時間になると“おじさん”は思います」と自虐を交えてエールを送った。

櫻井翔&広瀬すず、目キラキラ!実験にわくわく【写真】

 本作は、ベストセラー作家・東野圭吾が「これまでの小説をぶっ壊してみたかった」と発表した意欲作を、映画『無限の住人』などの三池崇史監督が映画化したもの。連続して起きた奇妙な死亡事件をきっかけに、調査を進める大学教授・青江(櫻井)や、“不思議な力”を持つ謎の女・円華(広瀬)らが、その真相をあぶり出す姿を描く。

[PR]

わくわくだぞ~!

 開始前、学生たちから「誰が来るんだろう?」「すずちゃんかな?」などの声が聞かれるなか、櫻井と広瀬が登場すると、場内からは大歓声が上がった。この日は映画のイベントでもあるが、劇中で起こった科学現象を壇上で再現するなど、講義はガチ。ドライアイスと掃除機で竜巻を再現する実験に挑むなど本格的な講義を櫻井も広瀬も食い入るように見つめていた。

 いくつかの実験後、その事例に基づき、加藤教授が解説を始めると、櫻井は「専門的すぎる部分はわからなかったけれど、こうやって現象を実験するとおもしろさが伝わります」と笑顔。広瀬も「映画の世界では演出やCGが入るので、完成した作品をみて『本当にこんなことが起こるのかな』という思いがあったのですが、こうして実験などをしていただくと、可能なんだなと、より親近感が沸きました」と目を輝かせていた。(磯部正和)

映画『ラプラスの魔女』は5月4日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]