シネマトゥデイ

生田斗真、大慌て!?瑛太に雨男と呼ばれ「風評被害!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダブル主演を務めた瑛太と生田斗真

 俳優の生田斗真瑛太が24日、都内で行われた映画『友罪』の完成披露試写会に出席。瑛太が撮影を振り返って「晴れてほしいのに雨が降ったり曇ったり、生田斗真は意外と雨男だなって思いました」と生田をチクリ。これに瀬々敬久監督も同調して「天気にはかなり泣かされました。それが生田君のせいだと今日わかってよかったです」とこの日の雨空と絡めて紹介。すると生田は報道陣に向かって「これ書かなくていいですよ。風評被害が広まるから!」と慌ててみせて会場を笑わせた。

【写真】生田斗真&瑛太、2人とも黒シャツ

 薬丸岳の同名ベストセラー小説を映画化。ゆるしのない罪に問われた者たちの過去と現在が交錯していき、やがてたどり着く衝撃の真実を描く作品。イベントには生田、瑛太、瀬々監督のほかに、共演者の佐藤浩市夏帆山本美月富田靖子も参加した。

[PR]

 今回の映画について問われた生田は「問題作」と回答。「絶対にやらなくてはいけない題材だとは思っていましたが、その一方で撮影中にスタッフの皆さんやキャストの方々と、この映画を本当に作ってよかったんだろうかって考えたこともありました」とその題材の重さについて言及。演じる上でも決意が必要だったそうで、「原作の小説もそうですけど、この映画の脚本は真に迫るものがありました。最大限の覚悟を持ってやれればいいなと思って演じました。覚悟を持ってこの映画に挑むことにしたんです」と熱く説明した。

豪華!

 W主演の瑛太とは「20代前半から一緒に仕事をしていて」と気心の知れた関係だといい、「隣同士で座っている時もあれば離れて座っている時もあったし、話したかと思うと一言もしゃべらない時もあった。それがすごく心地よい現場でした」と回顧。瑛太も「3度目の共演なので、生田斗真がこの作品に対してどういう覚悟でくるかはわかっていました。現場で集中してやれば後は自然と反応が起きると思っていました」と生田への信頼を口にしていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『友罪』は5月25日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]