古川雄輝に「やたら高い所に小さくてカッコいい顔が…」共演者絶賛

古川雄輝
古川雄輝

 俳優の古川雄輝が、23日、都内で行われたWOWOW「連続ドラマW 60 誤判対策室」の完成披露試写会に、主演の舘ひろし、共演の星野真里熊切和嘉監督とともに登壇。本作で初の弁護士役に挑戦した古川は、舘から「透明感があって、新しい香りがする素晴らしい俳優さん。とっても頭のいい役で、何となくお芝居が上から目線なんです。僕には絶対できない芝居」、星名から「古川くんがいたから、自分なりの春名役ができたなと思います」と褒めちぎられ、はにかんでいた。

【写真】古川雄輝、舘ひろし&星野真里とともに登場!

 本作は、死刑囚の冤罪の可能性を探るために作られた組織「誤判対策室」を舞台とするミステリー。定年目前のベテラン刑事の有馬(舘)、若手エリート弁護士・世良(古川)、女性検察官・春名(星野)という、立場も思惑も違う3人が、冤罪の疑いが浮上した死刑囚の死刑執行のタイムリミットが迫る中で、知られざる真実を追っていく。

[PR]

 本作で、弁護士役に初挑戦した古川は、自身の役どころについて「台本には『再審請求』とか、普段使わない漢字ばっかりの言葉が多くて、(自分の)世良という役も、結構生意気なやつなんです。どうしてこんなことを言うのかよくわからなくて、監督に何回か相談してやっと意見が一致して、監督と握手して『よし、がんばろう』となったんです」と苦労を明かし、「上から目線」と言われた舘に「役作りなので、本当にすいません……」と消え入るような声で応答。「古い香りがする僕には、古川くんはコンプレックスを感じさせるんです」と自虐を交えて会場を笑わせた舘と古川のやりとりから、現場の和やかな雰囲気が伝わってきた。

 さらに、2016年放送のNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」で古川と共演歴のある星野も「古川くんは、まず声がよくて、一緒に演じたとき、上の方を見ると、やたら高い所に小さくてカッコいい顔があって。こんな素敵な人が、わたしに何か言ってくれてるよっていう気持ちも併せて春名という役を演じました。古川くんがいたから、自分なりの春名役ができたなと思います」と追い討ちのような絶賛コメント。困った古川は「ありがとうございます。もう何も話せなくなってきた」と、恥ずかしそうに笑顔を見せていた。(取材/岸田智)

「連続ドラマW 60 誤判対策室」(全5話)は、5月6日より毎週日曜よる10:00~、WOWOWプライム にて(第1話無料放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]