MAN WITH A MISSION、初の甲子園単独ライブ!史上最大キャパ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
新アルバムリリースツアーファイナルは甲子園!

 公開中の映画『いぬやしき』の主題歌を担当している人気ロックバンド・MAN WITH A MISSION が、6月6日に5thアルバム「Chasing the Horizon」を発売し、アルバムリリースツアーのファイナルとして MAN WITH A MISSION にとって史上最大のキャパシティとなる初めての甲子園単独ライブを11月17日に行うと24日、発表した。

【写真4枚】新アルバムのジャケ写など!

 約2年ぶりとなる新アルバムは、米ロックバンド・FALL OUT BOYパトリック・スタンプやロックユニット・BOOM BOOM SATELLITES中野雅之といったワールドワイドに活躍するプロデューサー陣を迎えた意欲作で、映画『いぬやしき』の主題歌「Take Me Under」のほか、4月より放送が開始されたテレビアニメ「ゴールデンカムイ」のオープニングテーマ「Winding Road」、昨年公開された映画『新宿スワンII』の主題歌「Dead End in Tokyo」や映画『覆面系ノイズ』のエンディングテーマ「Find You」など、CMソングも含めてどこかで聴いたことのある多くのタイアップ楽曲が新曲6曲と共に収録されている。

 MAN WITH A MISSION は、頭はオオカミ、身体は人間の究極の生命体5匹で構成されるという設定でおなじみのロックバンド。2011年に1stアルバム「MAN WITH A MISSION」でメジャーデビューを果たし、活動範囲は国内のみならず海外にも広げている。ギター・ボーカルの Jean-Ken Johnny は今回の発表について「高校球児ガ夢ノ場所、六甲オロシガ吹キ抜ケル野球ノ聖地ニ狼達ガ降リ立ツノデゴザイマス。我々ノワンマンライブデノ初ノスタジアム。自分達ニトッテモ皆様ニトッテモ忘レラレナイ一日ニスルノデアリマス。マンウィズ甲子園、人間ノ皆様、カカッテキナサーイ!」とやる気満々のコメントを寄せている。(編集部・小松芙未)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]