池田エライザ、素顔は映画オタク?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「ゆくゆくは、自分の作品を作りたい」と語る池田エライザ

 モデルとして同世代の圧倒的な支持を集め、女優としての活躍も目覚ましい池田エライザ。主役を務めるだけの存在感を持ち、脇役としても主役を輝かせる独特の個性を発揮する池田が、映画『となりの怪物くん』では美少女ゆえにモテすぎて友達のいない孤独な女子高生・夏目あさ子を、何ともゆるふわな雰囲気で好演している。「映画づくりが大好き」と語る池田に自身の活躍ぶりについて聞いてみると、意外な“映画オタク”の素顔が見えてきた。

レースドレスがかわいい池田エライザ!沖縄映画祭【写真】

 『トリガール!』『ReLIFE リライフ』(2017)、『伊藤くん A to E』(2018)など、いずれもひとクセある脇役で異彩を放つ池田。その卓越した表現力は、ヒロインを鮮やかに彩りながら自身の存在もさりげなく刻み込む。「わたし的には、主役であろうと何番手であろうと、気持ちは変わらないですね。常に視野を広く持って、今どんな状況なのかを把握しながら、演じる役として現場にいることが、準備してくださった撮影部のみなさんへの誠意だと思う」とスタッフをねぎらう。

[PR]

 意外だったのは、「いい作品を作りたい」という思いにあふれ、映画を大局的に見ている点。「わたしは基本的にクリエイター気質なんですね。とくに深夜ドラマは、脚本の段階からいろいろ意見を出させていただいたりもしました。ときには監督さんと読んでいる本の情報交換をしながら、『この時代、どんな映画を作ったらいいんでしょう?』なんていう話し合いを常にしていたいタイプ。自分のフィールドなので、とにかく100%携わりたいんです」と目を輝かせる。

 『となりの怪物くん』の夏目役もスタッフ目線でこだわったという池田。「衣装合わせでは、派手な子だから露出が多い服を着るとは限らない。夏目ちゃんはコンプレックスを持っている子だから、クローゼットを開けて『今日はお出かけだ』というときも、きっとこういう服を選ぶんじゃないか? など細部に至るまで意見交換させていただきました」とニッコリ。「主役か脇役かということよりも、みんなに『あ、夏目ちゃんだ!』と思ってもらえることが一番。ひいては、いい作品になることが目標ですから」と思いを明かす。

[PR]

 さらには「わたし、映画作りが大好きなんです! ゆくゆくは、自分の作品を作りたいと思っていて、脚本のプロットもいくつか書いたりもしています」と声を弾ませる。読書家としても知られるだけに大いに期待できそうだが、「ただ、いろんな役をやるたびに影響されて話がどんどん変わってしまって(笑)。暗い謎の女になったり、明るいアホな子になったり……その都度変化して、なかなか形にならない」と苦笑い。ただ、その情熱が周囲を巻き込んで、すでに動き出しそうなプロジェクトもあるのだとか。将来、どんな女優に、いや、どんなクリエイターに成長していくのか、期待で胸が膨らむ。

 『となりの怪物くん』は、人気少女コミックを菅田将暉土屋太鳳を主演に迎えて実写映画化した青春ドラマ。ガリ勉で冷血な女子高生の水谷雫(土屋)が、隣の席の問題児・吉田春(菅田)に告白されたことから始まる物語をコメディータッチで描く。友情、恋、キス、ケンカ、三角関係……初めてなことばかりの2人を中心に、純粋で不器用な登場人物たちの青春模様には胸キュン必至。池田いわく「どんな時代でもどの世代の方にも青春はあるもの。その形は変わっても、心に響くものが必ずあると思います!」と広い年齢層にアピールしていた。(取材・文・撮影:坂田正樹)

映画『となりの怪物くん』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]