シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
となりの怪物くん
(C) 2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 (C) ろびこ/講談社
製作年:
2018年
製作国:
日本
日本公開:
2018年4月27日
(全国東宝系)
上映時間:
製作:
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ / 講談社 / ジェイアール東日本企画 / 博報堂 / ローソンHMVエンタテイメント / ソニー・ミュージックエンタテインメント / GYAO / 日本出版販売
企画・製作・配給:
東宝
製作プロダクション:
東宝映画
カラー

見どころ:雑誌「デザート」で連載され、テレビアニメ化もされたろびこの人気少女漫画を実写映画化。勉強第一で恋をしたことがない女子高校生と、隣席の問題児による風変りな恋愛模様を描く。イケメンで頭脳明晰(めいせき)だが予測不能な言動で周囲から恐れられる問題児に菅田将暉、ふとしたきっかけで彼に懐かれる女子高校生を土屋太鳳が演じる。監督を『君と100回目の恋』などの月川翔、脚本を『高台家の人々』などの金子ありさが務めた。

あらすじ:恋愛経験ゼロで友達もいない女子高校生・水谷雫(土屋太鳳)は、不登校の問題児・吉田春(菅田将暉)にプリントを届ける。春は、一方的に雫に告白するが、雫は相手にしない。そんな奇妙な二人の周りに個性的な面々が集まってきて、彼らにとって初めての友達ができる。

となりの怪物くん
(C) 2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 (C) ろびこ/講談社

映画短評

  • くれい響
    監督の力量不足が露呈しまくる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    主演の2人だけでなく、お互いの恋敵になっていくヤマケンに山田裕貴を、千づるに浜辺美波という旬の芸達者を配しても、ここまでペラペラな仕上がりということに、逆に驚かせられる。なにしろ、原作愛が感じられない。淡々としながらもキラキラした青春群像劇をやりたかったのは理解できるが、『ビー・バップ・ハイスクール』を思い起こさせるワイヤーアクションで始めてしまうのは、やっぱり違うだろう。105分の上映時間ではもちろんキャラは捌ききれないわ、西野カナの楽曲はムダに流れるだけわと、月川翔監督の力量不足は至るところで露呈しまくり。ひたすら、今秋公開予定の『響 HIBIKI』の仕上がりが不安になる一本である。

  • 天本 伸一郎
    役者陣の好演と非現実的な表現には面白さもあるが…
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    漫画ならではの話をメジャー作品として成立させる上で、菅田将暉、土屋太鳳、山田裕貴など、芝居のできる若手俳優たちの力が活かされているのは確かだし、役者たちは好演していると思うが、こういうジャンルの作品にはフレッシュさも重要なのだなということを痛感させられた。もちろん実年齢がどうかではなく、役にあっているかどうかが重要で、原作のキャラと合っている役者を選んだのかもしれないが、原作未読の自分にはもっと若い役者がやるべき役ではないかと感じた。少女漫画の映画化として、一部リアリティを無視した表現に挑んでいるが、全編にわたってもっと非現実的な表現に挑むくらいであれば、このキャストたちが活かされたかも。

予告編・動画

菅田将暉×土屋太鳳『となりの怪物くん』予告編
菅田将暉×土屋太鳳『となりの怪物くん』特報映像第2弾

» 『となりの怪物くん』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014
  • 写真015

(C) 2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 (C) ろびこ/講談社

ポスター/チラシ

  • 映画『となりの怪物くん』ポスター
    ポスター
  • 映画『となりの怪物くん』チラシ
    チラシ
  • 映画『となりの怪物くん』チラシ
    チラシ
  • 映画『となりの怪物くん』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『となりの怪物くん』オリジナルクリアファイル
    オリジナルクリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: ろびこ
監督:
脚本: 金子ありさ
音楽: 林ゆうき
主題歌: 西野カナ
製作: 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
企画・プロデュース: 臼井央 / 春名慶
プロデューサー: 神戸明 / 馬場千晃
ラインプロデューサー: 阿久根裕行
撮影: 鍋島淳裕
照明: かげつよし
録音: 久野貴司
美術: 古積弘二
編集: 瀧田隆一
助監督: 牧野将
製作担当: 濱崎林太郎
音楽プロデューサー: 北原京子
プロダクション統括: 佐藤毅

キャスト

吉田春:
水谷雫:
吉田優山:
山口賢二:
夏目あさ子:
大島千づる:
佐々原宗平:
三沢満善:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『となりの怪物くん』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • となりの怪物くん 評価と感想/取り立てて何かある話ではなかった from eigamanzaiの映画レビュー (2018年5月5日 8時21分)
    目次 物語の凡庸さを撮影テクニックでカバー ☆3点予告編映画データあらすじネタバレ感想鑑賞データ 物語の凡庸さを撮影テクニックでカバー ☆3点 講談社から発行されている女性向け漫画雑誌「デザート」に2008年~2013年まで連載されていた、ろびこ原作の同名漫画の実写映画化。 監督は月川翔、主演に菅田将暉と土屋太鳳、共演に古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、速水もこみち となりの怪物くん愛蔵版(1) posted with ヨメレバ ろびこ 講談社 2017年12月13日 Amazon Kin&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年4月23日の週の公開作品
  3. 『となりの怪物くん』