シネマトゥデイ

電脳コイル・磯光雄の新作アニメ「地球外少年少女」発表!キャラデザは吉田健一

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キャラクターデザインは吉田健一! アニメ「地球外少年少女」 - (C)MITSUO ISO / avex pictures 2014

 2007年にNHKで放送されたテレビアニメ「電脳コイル」で原作・脚本・監督を手がけた磯光雄の最新作となるアニメ「地球外少年少女」の構想が21日に発表された。同時に、コンセプトビジュアルも公開された。

 今回も磯監督のオリジナル原作となり、AIやインターネット、SNSが普及した2045年の宇宙が舞台。大規模な事故に見舞われた、宇宙空間に浮かぶ日本製の商業ステーションに取り残された子供たちが、数々の危機を乗り越えていく姿を描く。“スマート”と呼ばれる携帯端末や人型ロボット、ドローンなど、磯監督の想像する近未来の宇宙像を詰め込んだ作品になるという。

 11年ぶりの新作にあたって磯監督は「宇宙を舞台にしたアニメをあまり見かけなくなり、自分で作ってしまおうと思いました。宇宙はすでにSFに登場する遠いイメージではなく、実際に行ける場所になりつつある。そんな環境に投げ込まれた少年たちが体験する冒険を、実際に行ってみてきたような感覚で描いてみたい」と意気込みを語っている。

[PR]

 キャラクターデザインは、テレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」シリーズや「ガンダム Gのレコンギスタ」などの吉田健一。コンセプトビジュアルも吉田が描き下ろしたもので、宇宙空間に投げ出された少年と、爆発する宇宙ステーションが描かれた、子供たちに降りかかる数々の困難を予感させるものとなっている。アニメーション制作は映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』などのSIGNAL.MD(シグナル・エムディ)が手がける。

 「電脳コイル」では、どこでもネット接続ができる眼鏡型コンピュータ“電脳メガネ”をめぐる、子供たちの不思議な体験を描いた磯監督。その世界は現在、スマートグラスなどのウェアラブルデバイスや、拡張現実(AR)の普及により、現実のものになろうとしている。「地球外少年少女」も来るべき世界を予感させる作品となるのか。劇場映画となるのか、テレビアニメになるのかも含め、続報に期待したい。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]