瑛太、犯罪者の衝動に寄り添う 愛して演じた元少年犯役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
役を大好きにならないと演じられないと語った瑛太と、生田斗真、夏帆

 俳優の瑛太が26日、TOHOシネマズ 日比谷で行われた映画『友罪』(公開中)の公開記念舞台あいさつに登壇し、元少年犯という難役に挑んだ胸中を明かした。イベントには生田斗真夏帆山本美月富田靖子佐藤浩市瀬々敬久監督も登場した。

【写真】生田斗真・瑛太・夏帆・山本美月ら登場!イベントの様子

 本作は、薬丸岳の同名ベストセラー小説の実写映画化。元ジャーナリストの益田(生田)が、同僚で友人の鈴木(瑛太)に疑念を抱いて調査するうちに、17年前の自らの罪とも向き合い衝撃の展開を迎えるヒューマンサスペンス。瑛太は「神戸の児童殺傷事件の元少年(犯)Aの手記を読んで、人間で生まれてきた以上、動物である以上、そういう衝動が生まれてしまうことに対して、僕はどこかで共感めいたものを感じたんですね」と告白。そして「どんな作品でも(役を)愛して、大好きでないと演じることができないので、とにかく自分自身でも鈴木を守ってあげたいという気持ちで演じることができました」と撮影時の思いを明かした。

[PR]

 鈴木に思いを寄せる元AV女優の美代子を演じた夏帆は、「正直、即決で決められる役ではなく、美代子という女性を受け入れることができるのかなと悩みました」と吐露。しかし、「だからこそやってみたいと思った」そうで、「すごく興味深い題材で、瀬々さんとご一緒してみたいという気持ちもあり、好奇心の方が勝って覚悟を決めてお受けしました」と振り返った。

 少年犯罪という重くデリケートなテーマを扱っており、それぞれの心情は複雑だが、次々と起きては忘れ去られていくさまざまな事件の被害者・加害者のことを思い続ける方法として、小説や映画があると考えている瀬々監督は、その役目を果たしている本作に自信をのぞかせると同時に「ここにいらっしゃる素晴らしい俳優さんたちのお芝居を存分に堪能できると思います」とアピール。そして、「ショーン・ペンの『デッドマン・ウォーキング』が好きなので、次は立場を逆転させて、生田斗真さんが死刑囚で、それを見守る拘置所の刑務官を瑛太さんにやってほしい」と再タッグを希望した。ところが、生田は瑛太と「二人でよく、次やるならもう少しポップなものがいいねという話はしています」とぶっちゃけ、観客を笑わせていた。

[PR]

 イベントでは「自分にとって友達は何か?」という質問に全員で答える場面もあり、生田は「友達とは自分を映す鏡みたいなもの。自分と同じような思いを持った仲間や同士が集まっていると思うし、身の回りにいる人たちを見て自分がどういう人間かも測れたりするのかな」、瑛太は「友達は友達と思っていない人ですかね。『この人、友達だ!』と思って付き合っていない人」と回答。そんな中、山本は「皆さん上手に答えていて」と恐縮しつつ、「ケーキをきちんと半分こできる人」というかわいいコメントで場を和ませていた。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]