シネマトゥデイ

小関裕太&金子大地、玉城ティナにW壁ドン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『わたしに××しなさい!』キャスト&山本透監督

 映画『わたしに××しなさい!』の初日舞台あいさつが23日に都内で行われ、俳優の小関裕太金子大地が、玉城ティナを交えた3人での「W壁ドン」を実演し、客席から大きな歓声を浴びた。

金子大地がドキッ!とした小関裕太の顔【写真】

 この日のイベントには、佐藤寛太山田杏奈山本透監督も登壇。ケータイ小説家の高校生・雪菜を演じた玉城は、遠山えまによる原作マンガを徹底的に研究したといい、「漫画の1コマ1コマを写メに撮ってケータイに保存して、空き時間に表情の研究をしてました」と役づくりの苦労を明かした。

[PR]

 ラブストーリーを書くために、雪菜が秘密をネタに学校イチのモテ男・時雨(小関)に恋愛ミッションを課していくさまを描く本作。「最初はキャラクターの濃さに、戸惑う部分もあった」と話した玉城は、「漫画にあるデフォルメされた声や動きは、実際の自分ではなかなかやらないので、声をあえて低くしたり、言葉の語尾の言い方に気をつかいました」と撮影を振り返る。そんな玉城を、小関は「難しい役をサラッとやっていて、最初から役にぴったりだった。それを見てみんなも安心して、撮影に入れました」とねぎらった。

 「わたしにキスしなさい」「わたしの首筋を噛みなさい」という、過激な恋愛ミッションをいくつも演じ切った玉城と小関に、恥ずかしさはなかったか? という質問が飛ぶと、「1つのミッションに、撮影何時間と考えて、2人でがんばろうねって感じでした」と小関。玉城も「お互いにテレがあるとよくないと思っていて、逆にがんばろうっていう雰囲気に助けられました。『わたしの首筋を噛みなさい』なんて言ったのは、もちろん初めてです」と笑顔で述懐した。

「W壁ドン」を実演

 その後、キャストたちが印象的に残ったシーンを語り合うくだりでは、MCの求めに応じ、小関と金子が玉城を相手に「W壁ドン」を実演した。小関と金子の顔の近さに、間に挟まれた玉城は、「こっちから見てると2人の方がチューしちゃうんじゃないかってドキドキする。金子くんは今も実際テレてるみたい」と金子のシャイな側面を指摘した。

 すると金子は「この距離で見て(小関)裕太くんの顔が綺麗すぎて、ドキッとしました」と告白。佐藤にも「(金子は)今日久しぶりに小関くんに会うって、朝からちょっと人見知りを発揮していた」とバラされ、本作でのS系キャラと異なる金子のテレぶりに、会場も大喜びとなっていた。(取材・文/岸田智)

映画『わたしに××しなさい!』は新宿バルト9ほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]