『銀魂2』河上万斉は窪田正孝、伊東鴨太郎は三浦春馬!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主役級イケメン2人キター! - (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

 8月17日より全国で公開される映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の追加キャストが発表され、河上万斉を窪田正孝、伊東鴨太郎を三浦春馬が演じることが明らかになった。

【動画】映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』特報映像

 河上万斉は音楽プロデューサーという表の顔を持ちながら、高杉晋助(堂本剛)率いる武装集団・鬼兵隊に所属しているというキャラクター。窪田は殺陣のシーンで、主人公・坂田銀時役の小栗旬が手が長くてリーチやエリアが広いことに苦戦したそうだが、そのことが「銀時と万斉の『気持ちがぶつかっていく』ことにつながった」という。

[PR]

 また、堂本との共演については「初めて共演させていただいたのですが、高杉というキャラクターを演じる上でのオーラを感じ、刺激的でした。もっと長い撮影でご一緒してご飯を食べにいく仲になりたかったです(笑)」と振り返っている。

 一方の伊東鴨太郎は劇中に登場する警察組織・真選組の参謀として政治面で活躍し、さらに剣の腕も一流というキャラクター。三浦は原作やアニメを参考に、メガネに触るタイミングや、触れ方そのものについて研究を重ねた。三浦も今作で殺陣をふくむアクションに挑んでおり、体幹を鍛えるトレーニングを積んでからのぞんだ撮影から得ることも多かったという。

 「舞台での殺陣と、映像での殺陣はその見え方、見せ方が違う。それを改めて学んでいくような撮影現場だったし、最善を尽くしたからこそとても勉強にもなった」。

 昨年大ヒットを記録したSF時代劇『銀魂』の続編となる本作。前作に引き続いて福田雄一監督がメガホンを取り、原作コミックで描かれた「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合した映画を、豪華なキャストとともに作り上げている。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]