シネマトゥデイ

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星が高校生と対決!『虹色デイズ』特別イベント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
この4人のイケメン度、ハンパないって!後ろの高校生めっちゃ興奮してるもん

 佐野玲於中川大志高杉真宙横浜流星の4人がカルテット主演を果たした映画『虹色デイズ』(7月6日公開)の公開直前イベント「一日限りのスペシャル課外授業」が25日、中野区にある宝仙学園で行われ、興奮した高校生たちの絶叫が会場に響き渡った。

【写真】イケメン4人の弾ける笑顔!

 この日は、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生の友情と恋がつまった本作の主演4人が高校にサプライズ登場。何も知らされていなかった高校生たちはただただ絶叫。その声はあまりにも大きく、登壇者4人のピンマイクが彼らの声を拾うことができない事態も。佐野が「僕らの5割増しくらいの熱気がありますね」という通り、4人が話す際はピンマイクを口元に近づけることを余儀なくされ、会場は大いに盛り上がっていた。

[PR]

 そんな中、佐野が「高校に来るってすごく新鮮な感じがしますね」と笑顔を見せれば、中川も「みんな元気がいいですね……。圧倒されています」と少しタジタジな様子。高杉が「すごいですね。テンションがあがりますね」と話せば、横浜は「(劇中の)4人の空気感というか、ワーッという男子高校生のノリは、男の子たちも共感できるところがあると思います」と映画をアピールした。

 その後は、MCから指名された生徒と、キャスト陣による「4番勝負」を実施することになった。第1戦「1分間反復横跳び」に登場したのは横浜。この1分間という時間は予想以上に体力を消耗したようで、「普通の体力測定とかだと20秒くらいですけど、1分間というのはきついですよ」と横浜がもらすなど、反復横跳びが終わった後は息も荒くなっていたが、なんとか僅差で勝利をもぎとった。

 第2戦は「『佐野玲於』の似顔絵1分描写」。中央にモデルとして立った佐野の似顔絵を熱心に描いた高杉だったが、こちらは惜しくも敗退。続く中川は、「アイウエオ作文で恋の告白」に挑戦。対決した生徒も健闘したが、中川が披露した恋の告白を、女子生徒たちが支持し、中川が勝利をおさめた。そして最後は佐野が「青春といえば?」というお題で書道対決を行ったが、惜しくも学生に敗れてしまった。

 これで2対2ということになり、最終決戦の「綱引き」で4人の学生と綱引きで戦うことになった4人。最初は力も均衡していたが、最後は底力を見せつけて勝利した。中川は「みんなの爆発力を感じました。こんなに強いとは思っていなくて。大人の意地が出ちゃいました」と感想を語った。最後は互いの健闘をたたえて4人と高校生が、握手、ハグを交わすと、その様子を見ていた生徒たちから再び悲鳴にも似た歓声が上がっていた。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]