吉沢亮、恋のライバルに宣戦布告!『あのコの、トリコ。』予告映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
吉沢亮&新木優子&杉野遥亮 - (C) 2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

 吉沢亮が主演を務める『あのコの、トリコ。』(10月5日公開)の予告編が公開された。映像には、メガネ男子にふんした吉沢がヒロインをめぐり、恋のライバル役の杉野遥亮に向かって宣戦布告する場面が収められている。

あの名場面も再現!『あのコの、トリコ。』予告編映像

 芸能界を舞台に、幼い頃にスーパースターになることを誓い合った幼なじみたちの三角関係を描く本作。地味な生活を送るメガネ男子の頼を吉沢、モデルとして活躍する雫を新木優子が演じる。吉沢がナレーションを務めた予告編映像では、頼が冴えない男子から変貌するきっかけとなるメガネを外す瞬間や、頼と雫のランジェリー広告の撮影など、原作コミックのファンからも高い人気を誇る名場面が再現されている。

[PR]

 ほかにも、雫との水族館デートで頼がずぶ濡れになったり、ウエディングドレスを着た雫が目に涙を浮かべていたりと、ドキドキの場面が多数収められている。頼のライバルでイケメン俳優の昴(杉野)が雫を後ろから抱きしめるシーンもあり、幼なじみ3人のそれぞれの思いが複雑に交差していく恋模様が描き出される。さらには雫のことを諦めるよう諭す昴に向かって、頼が「まだ勝負はついてないんじゃないか」と強気に宣戦布告するなど、3人の恋の行方が気になる仕上がりになっている。

 そんな予告編映像を彩るのは、本作の主題歌であるNissy西島隆弘)が作詞作曲を手がけた楽曲「トリコ」。本作のために書き下ろした同曲は、Nissy初の映画主題歌となる。Nissyは「脚本とコミックを読ませていただいて、男の子2人よりも雫ちゃんの気持ちが描かれていることも多かったので、2人の感情をいい意味でも振り回したり、ドキドキさせたり、といったストーリーにそった歌詞を作ってみるのも面白いと思いました」と楽曲についてコメントを寄せた。

 白石ユキによる同名人気コミックを実写映画化した本作。「最高の離婚」「続・最後から二番目の恋」など数々のドラマで演出を手掛けた宮脇亮が映画初監督を務め、脚本を『今日、恋をはじめます』『ママレード・ボーイ』などの浅野妙子が担当した。内田理央が頼に好意を抱く女優にふんするほか、高島礼子古坂大魔王らが脇を固める。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]