シネマトゥデイ

『カメラを止めるな!』韓国でも大ウケ 笑い、膝を叩き、拍手!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プチョン国際ファンタスティック映画祭に登壇した上田慎一郎監督

 現在大ヒット中の『カメラを止めるな!』が17日、第22回プチョン国際ファンタスティック映画祭でコリアンプレミアム上映され、上田慎一郎監督をはじめ濱津隆之らキャストが上映後にティーチインを行った。

【動画】低予算にして大ヒット!『カメラを止めるな!』予告編

 とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影する様子から幕を開ける本作は、無名の俳優たちを起用しながらも口コミで大ヒットを記録。プチョンでも序盤から客席の熱は高く、笑いだけでなく、膝を叩いたり、中にはスクリーンに向かって拍手する者も。

[PR]

 上田監督は「韓国のお客さんは、すごいリアクションで驚いています。限られた予算で有名な俳優も出ていなのに、こんなに喜んでくれて嬉しいです」と感激。他の登壇者も韓国語で客席に向かって挨拶するなど、和やかな雰囲気でティーチインが行われた。登壇したキャストは、濱津のほか真魚しゅはまはるみ細井学市原洋吉田美紀ら。

左から上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、細井学、市原洋、吉田美紀

 客席からは途切れるとこなく質問の挙手が。質問が集中したのは37分にわたるワンシーン、ワンカットについて。何テイク撮ったのかという質問に上田は「6テイク撮影し、6テイク目が皆さんがご覧になったものです。前のテイクも芝居を止めることなく撮影したのですが、小道具で使ったゾンビの腕の内側が映っていたり、ゾンビのメイクが間に合わなかったことでNGになってしまった」とのこと。

 上田監督いわく、撮影前にリハーサルを行って何度も確認したが、いざ撮影が始まるとハプニングの連続。中でも血のりが飛び散ってカメラのレンズが汚れるシーンは実際に起きたことだったそう。スタッフもさることながら、俳優も緊張感をもって撮影に臨まねばならず、異口同音に「カメラを止めるな!」という思いでがむしゃらに演じたというが、撮影が終わってみれば「楽しかった」とスタッフ&キャストともに晴れやかな顔。

 出演俳優は、監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナール「シネマプロジェクト」第7弾に応募してきた者たちで、そのほとんどが長編映画初出演。日暮隆之監督を演じた主演の濱津隆之は30歳で演劇の道に入り、36歳にしてこの役を掴んだ。「正直、このプロジェクトに応募するまでは上田監督のことを知りませんでした。ですが、今後の自分を変えるきっかけになれば」と応募の動機を語った。日本でのヒットを受けさぞかし多忙になったのではと思いきや、「それが仕事が増えた気がしないんですよ」と率直に話して笑いを誘っていた。本作は、8月より韓国での劇場公開が決まっている。(取材・文:土田真樹)

第22回プチョン国際ファンタスティック映画祭は7月22日まで開催

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]