シネマトゥデイ

『人狼』韓国実写版の見どころ、監督明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実写版『人狼』の監督&キャスト。チョン・ウソン、ハン・エリ、キム・ムヨル、キム・ジウン監督、ハン・ヒョジュ、ミンホ(SHINee)、カン・ドンウォン

 押井守原作・脚本、沖浦啓之監督によるアニメ映画『人狼 JIN-ROH』を韓国で実写映画化した『人狼(原題の日本語訳)』のマスコミ試写会が20日、ソウル市内の映画館で開催。上映後の記者会見にキム・ジウン監督、キャストのカン・ドンウォンハン・ヒョジュキム・ムヨルミンホSHINee)、ハン・エリが出席し、記者からの質問に答えながら映画に対する思いを語った。

【写真】韓国実写版『人狼』試写会にキャスト集合!

 実写映画『人狼』の舞台は、韓国と北朝鮮政府は統一5ヶ年計画を宣言し、混沌の時代を迎えた2029年。反統一テロ組織「セクト」に対抗するため大統領直属に新設された特機隊と公安部との暗闘を活写する。

[PR]

 アニメ映画『人狼 JIN-ROH』に戦慄を覚えて実写映画化を熱望したジウン監督だが、プレッシャーも相当なものだったよう。「これまで多くの人気アニメが実写化されてきたが、そのほとんどがファンからの批判にさらされています。いざプロジェクトがスタートとすると不安も感じましたが、アニメのオマージュを生かし自分なりの解釈で映画化しようと決めました」

キム・ジウン監督

 本編はアニメ版のストーリーラインを踏襲し、名シーンや音楽などアニメ版のファンが喜ぶであろう要素がいくつも見受けられるが、ジウン監督独自の解釈も反映されている。

 「アニメ版の混沌の時代は、押井守さんが体験した全共闘などが反映されており、極めて日本的だと思いました。それで韓国的なSFは何かと考えたときの答えが南北統一でした。ただ強化服の開発で予算をかなり使ってしまったので『ブレードランナー』のような未来的なデザインは難しく、哲学的な側面から未来に対する不安を描くことはできるのではないかと。主人公の特機隊隊員イム・ジュンギョン(ドンウォン)が組織の中で生きつつも、セクト掃討作戦の渦中で妹が爆死したイ・ユニ(ヒョジュ)と恋人関係になることで個に目覚め、気持ちが変化していくことが映画の叙事だと言えます」

 デザインと言えば巨額を投じて作られた強化服。これを着けて熱演したドンウォンは、あまりの重さに「スーツの制作者に『ハリウッド俳優も、こんな重いものを着て演じているのか』と聞いたところ、『お金をかければもっと軽くできる』と真顔で言われました(笑)」と苦笑い。「予算がないから僕たちは体力勝負で演じなければならないんだなと思っていたのですが、苦労して撮影した割りに本編で使われていないシーンも多くて……」と試写を観た戸惑いを述べると、ジウン監督は「編集の都合で……」と謝っていた。映画『人狼』は7月25日より韓国で劇場公開される。(取材・文:土田真樹)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]