高杉真宙、声優デビュー作『キミスイ』の完成に喜び

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
声優初挑戦を果たした高杉真宙

 俳優の高杉真宙が24日、都内で行われた劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』(9月1日公開)完成披露試写会に出席した。高杉は声優初挑戦となった本作の完成を受けて「関わることができて良かった」と喜びを語った。この日はLynn藤井ゆきよ内田雄馬和久井映見、主題歌を担当したバンドのsumika牛嶋新一郎監督も出席した。

【写真】高杉真宙&Lynnら登場!イベントの様子

 住野よるの同名小説をアニメ映画化した本作は、読書好きな男子高校生と病を患うヒロインの交流を描いた青春ストーリー。主人公の「僕」に声を吹き込んだ高杉の声優デビュー作となる。高杉はもともと漫画やアニメが大好きだったそうで、声優願望もあったというが、声優に決まったときには驚きが勝って「淡泊な『そうですか』という返事しかできなくて……」と振り返った。「でも本当に素敵な作品に関わることができて良かった。幸せだなとあらためて実感しました」と笑顔で付け加えた。

[PR]

 アフレコはヒロイン・桜良役のLynnと一緒に行うことが多かったということで、高杉は「Lynnさんのおかげで『僕』というキャラクターを必死に演じることができたと思いますし、Lynnさんの演技に乗っからせていただいたところがあります」と語ると、一方のLynnは「嬉しいですね。私も高杉さんの声を初めて聞いたときに、これが『僕』なんだとしっくりきた。掛け合いでお芝居をしていましたが、それが心地よくて、充実したアフレコでした」と称賛の言葉を送り合った。

 また、桜良の母親役の和久井と桜良の親友役の藤井も、2人の誠実な姿勢を絶賛。藤井はアフレコ中に号泣したことがあったそうで「桜良とLynnちゃんが重なって、(感極まって)Lynnちゃんに『ちょっと抱きつかせてくれる?』と言いながら収録に臨んだこともありました」と収録の様子を明かした。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]