シネマトゥデイ

『ダークナイト』公開から10年!映画にまつわるトリビア10選

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒース・レジャーさんの名演技は、今も語り継がれている - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ダークナイト』が本日、2008年8月9日の日本公開から10周年を迎えた。ゴッサムシティを舞台に、バットマンと宿敵ジョーカーの死闘を描き、全米累計興行収入は約5億3,000万ドル(約583億円)を記録。全米歴代興収ランキングでも第10位にランクインし、傑作として現在も人気を集める本作にまつわる10個のトリビアを、ジョーカーを演じたヒース・レジャーさんのエピソードを中心に紹介する。(数字はBox Office Mojo調べ・1ドル110円計算)

【画像】クリスチャン・ベイルが演じたバットマン

1.“ジョーカー日記”の存在

 ヒースさんがジョーカーを演じた際にキャラクターの特徴やイメージ画像を書き記した、いわゆる“ジョーカー日記”が存在する。ヒースさんのドキュメンタリー「Heath Ledger: Too Young To Die」で、父親キムさんがその一部を公開しており、原作コミックの一部分やピエロの写真がスクラップされていることが確認できる。ヒースさんが他にどのようなことを記していたのか、気になるところ。

[PR]

2.6週間引きこもり!ヒース・レジャーの役づくり

 公開当初から、観客に強烈なインパクトを与えたヒースさんのジョーカー。彼の父親であるキム・レジャーさんは、ヒースさんが本作の役づくりのためにホテルに引きこもっていたことも、ドキュメンタリー内で明かしている。 Entertainment Weekly によると、引きこもり生活は約6週間続いたという。参考文献を徹底的に研究し、ジョーカーの笑い声をひたすら練習するなど、撮影前から気合が入っていたというヒースさん。一度聞いたら忘れられないあの笑い声も、研究を積み重ねたからこそ生まれたのかもしれない。

3.ヒース・レジャーの娘の名前

 Screen Rant は、ジョーカーが病院を爆破するシーンで、ナース姿の彼の胸に付いたネームプレートに、“Matilda(マチルダ)”と書かれていると指摘している。この名前は、ヒースさんの娘マチルダちゃんの名前。娘に対するヒースさんの愛の表れとも言われる、粋な計らいだ。映画公開当時2歳だったマチルダちゃんも、現在は12歳。ヒースさんは天国から、今もなお娘を見守っていることだろう。

4.ヒース・レジャー監督の犯行声明ビデオ

  The Wrap によると、ヒースさんは劇中でジョーカーが人質を公開するビデオを自ら監督していたという。ジョーカーがカメラを回している映像は、本物の犯行声明を彷彿させるリアリティーと恐怖が伺える。ヒースさんは、生前にミュージックビデオの監督を務めたりと、俳優業以外でもその才能を輝かせた。

5.体当たり演技!本気で挑んだ尋問シーン

 ジョゼフ・マケイブが執筆した書籍「100 Things Batman Fans Should Know & Do Before They Die(バットマンファンが死ぬまでに知っておく&やっておくべき100つのこと)」の中で、クリスチャン・ベイルが、尋問シーンでヒースさんが彼に対して“本気でかかってこい”と指示を出していたことを明かしている。セットには、ヒースさんが投げ飛ばされてできたヒビやへこみが随所に見られたといい、クリスチャンも彼の徹底ぶりに驚愕したという。

Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

6.バットマン映画常連!アメリカ連邦上院議員のカメオ出演

 ブルース主催の政治資金パーティーに乗り込んだジョーカーが一人の男性にナイフをかざすシーンがある。実はこの男性、アメリカ・バーモント州選出の連邦上院議員パトリック・リーヒ氏。原作コミックのファンである彼は、『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』『ダークナイト ライジング』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』など他のバットマン映画にもカメオ出演しており、今後のバットマン映画への出演も期待される。

7.ジョーカー誕生のヒントになったキャラクター

 ノーラン監督は、ジョーカーのイメージをヒースさんと話し合った際に、スタンリー・キューブリック監督の『時計じかけのオレンジ』の主人公アレックスを例に挙げたことを、Empireのインタビューで明かしている。アレックスの暴力的な性格や作品で浮かべる不敵な笑みなど、狂気に満ちたジョーカーを生み出す二人に、大きな影響を与えた。また“ジョーカー日記”内にも、アレックスの写真を見ることができる。ちなみに、ジョーカー衣装はイギリスのロックバンド、セックス・ピストルズのジョニー・ロットンを意識したものを選んだという。

8.コミック映画史上初!アカデミー賞演技部門で受賞

 ヒースさんは急死後、『ダークナイト』で第81回アカデミー賞の助演男優賞を受賞。コミック映画史上初めてとなる、アカデミー賞演技部門受賞という快挙を達成した。当時のノミネート俳優は、ジョシュ・ブローリンロバート・ダウニー・Jrフィリップ・シーモア・ホフマンマイケル・シャノンという、そうそうたるメンバー。受賞式では、ヒースさんの家族が彼の功績を称えるスピーチを披露し、会場内は大歓声に包まれた。

9.長編大作映画で初!IMAXカメラで撮影

 クリストファー・ノーラン監督は『ダークナイト』で初めてIMAXカメラを使用し、本編の30分以上を撮影。本作は、IMAXカメラが使用された最初の長編大作映画でもあった。カメラは撮影時に騒音が発生するなど扱いが難しく、撮影中に壊れてしまうアクシデントも。それでもノーラン監督は「デヴィッド・リーン(『アラビアのロレンス』監督)が砂漠の中で65ミリのカメラを抱えられたなら、僕たちにこれが使いこなせないわけはない」と自信を見せたという。

10.ジョーカーを再演予定だった

 『ダークナイト』の公開前に28歳という若さでこの世を去ったヒースさん。彼はジョーカーを再び演じるつもりだったという。彼の姉ケイトさんはnews.com.auの取材に対し「彼はバットマンでの演技にとても誇りを持っていました。私は彼が他のバットマン映画に出る予定だったことも知っています」とコメントしており、ヒースさんがいかにこの作品を愛していたのかが伺える。

 公開から10年が経ち、バットマンやジョーカーは新たな俳優によって演じられている。しかし、『ダークナイト』が映画史に残した功績は、これからも語り継がれていくことだろう。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]