『銀魂2』吉沢亮の熱演に反響!再現度がハンパない

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
沖田総悟にふんした吉沢亮 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 大ヒット中の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』。笑って泣ける物語の展開と、各キャストのハマりっぷりが前作と同様に大きな話題を呼んでいる。なかでも、劇中で大活躍する人気キャラクター・沖田総悟を熱演した吉沢亮について、作品を観た人々からは改めて「再現度がハンパない」と驚きの声が多く上がっている。

再現度高い!『銀魂2』キャラビジュアル一覧【写真】

 週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋による人気漫画を、2017年公開の前作に続き実写化した本作。吉沢が演じる沖田は、物語の舞台である江戸の治安を守る特殊警察・真選組の一番隊隊長を務めている。持ち前の整った顔立ちで二次元のキャラクターをそのままに再現したかのようなビジュアルは、前作の公開時から注目を浴びていた。

[PR]

血を浴びる沖田 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 今回は、真選組動乱篇という原作の人気パートが実写化されており、真選組の局長・近藤勲(中村勘九郎)、副長の土方十四郎(柳楽優弥)らと共に、沖田は重要な役割を担う。特に、吉沢自身も「原作全巻の中でもたぶん沖田の一番かっこいいシーン」と作品のインタビューで語っていた沖田の戦闘シーンがあることから、前作以上にファンの期待は高まっていた。

 公開前に行われた完成披露イベントの場では、沖田の活躍シーンについて「すごく頑張ってカッコつけたので観てほしい」とアピールしていた吉沢。実際に映画を観た人々から、SNS上には「沖田そのまま」「沖田が沖田だった」「信じられないほど沖田」「最高にハマり役」と驚きの声が多数。渾身の戦闘シーンも、「やばい」「鳥肌立った」と絶賛されている。

メイキング写真 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 吉沢はルックスはもちろん、演技力にも定評がある。『銀魂2』の劇中では場面に応じた表情づくりや、声のトーンの使い分けが丁寧になされていることが見て取れ、吉沢なりの役の解釈とファンのイメージする沖田が合致したことが“完璧な見た目”以上に重要だったと思われる。肝心のアクションシーンも気合を入れて練習を重ねたといい、その努力の結果として観客の心をつかむシーンに仕上がっている。

 漫画原作の作品としては異例と言えるほど、各キャラクターが観客に受け入れられている『銀魂2』。ストーリーは真選組動乱篇と将軍接待篇を融合したものとなっており、真選組の内紛と江戸に迫る危機を描くシリアスな展開と、万事屋を営む主人公・坂田銀時(小栗旬)らと天下の将軍様が思わぬ遭遇を繰り返す爆笑パートが絶妙に絡み合っていく。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]