岡田准一、殺陣のスピードは名優を超える!巨匠の評価にクラクラ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「本当の美しさ」を考えぬいたという岡田准一

 岡田准一が27日、帝国ホテルで行われた映画『散り椿』完成報告会見に、木村大作監督、西島秀俊黒木華池松壮亮麻生久美子と共に出席。岡田は木村監督から、そうそうたる映画スターたちと比べて、殺陣のスピードで上回ると賞賛され「クラクラしています」と恐縮しきりだった。

【フォトギャラリー】岡田准一『散り椿』完成会見

 本作は、直木賞作家・葉室麟(はむろ りん)の同名小説を、名キャメラマンとして名高い木村大作が監督として映画化。藩の不正を告発したために身を追われた瓜生新兵衛(岡田)が、亡き妻との約束を守るために、故郷に戻り、危険を顧みず真実と向き合う姿を描く。

[PR]

 木村監督が“美しい時代劇を残したい”という思いで挑んだ本作。オールロケによる四季折々の美しい景色はもちろん、人の動きや心の美しさまでをも追求したコンセプトに、岡田は「本当の美しさとはなんだろうということを、霞のなかから探し出すような作業だった」と撮影を振り返る。

 とりわけ殺陣に関しては、相当なこだわりを見せていたという岡田。木村監督からの「見たことがないもの」というオファーに対して、クランクインの3か月前から、プランを作っては壊しての繰り返しで、作り上げていったという。

 こうした岡田の真摯(しんし)な向き合い方に木村監督は「殺陣は全部岡田さんがつけてくれた」と絶賛すると、現場を共にしてきた往年のスターである三船敏郎高倉健勝新太郎らを引き合いに出し「スピードだけなら彼らを上回る」と断言。続けて「こういうとスピードだけだと思うかもしれませんが、殺陣というのはひとえにスピードが大切なんです」と力説する。

 さらに、相手を斬り終えたあとの“残心”の大切さを説いた木村監督は、岡田がそこにもこだわりを見せていたことを明かし「時代劇をたくさん観ている人でも、すばらしい殺陣だと言えます」と太鼓判を押す。そんな木村監督の発言に岡田は「すごい人たちの名前が出てきてクラクラしてしまいます」と恐縮しきりだった。

 多くの先輩から「時代劇ができるような俳優になれ」と声をかけられていたという岡田。「『散り椿』がその答え合わせになれば」と作品への強い思いを語っていた。(磯部正和)

映画『散り椿』は9月28日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]