東出昌大は宇宙人タイプ?共演者が証言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
実は宇宙人タイプ? 東出昌大

 俳優の東出昌大が1日、テアトル新宿で行なわれた映画『寝ても覚めても』初日舞台あいさつに、唐田えりか瀬戸康史山下リオ伊藤沙莉渡辺大知濱口竜介監督と共に出席。実直で真面目という自身の公のイメージとは違うことを強調し、会場を沸かせた。

【画像】唐田えりか、涙!『寝ても覚めても』初日フォトギャラリー

 突然失踪してしまった恋人を忘れられずにいる女性・朝子(唐田)が、彼とうりふたつの男性と出会ったことにより、心動かされる姿を描く本作。東出は、突然、恋人の前から姿を消すなどミステリアスで自由人の男性・鳥居麦と、実直なサラリーマン・丸子亮平という真逆のキャラクターを演じており、自身は「麦タイプ」だと断言する。

[PR]

 東出といえば、爽やかなルックスと屈託ない笑顔で“好青年”というイメージがあるため、自由人に似ているという発言に会場はざわつくが、共演した瀬戸も「ミステリアスでカリスマ性があるところは、麦に似ている。宇宙人っぽいところもあるよね」と追随。濱田監督も、最初は“亮平タイプ”と思っていたようだが、ワークショップで交流を重ねるうちに“麦タイプ”と感じたことを東出に伝えたという。さらに渡辺も「“この人のこと知りたいな”と探究心をそそられる部分は麦みたい。あぶなっかしさもあるんですよね」と東出の素顔を語っていた。

 一方、ヒロインとしてみずみずしい演技を披露した唐田は、登壇時から感極まった表情。立ち見も出るなど満員の客席を見渡すと「本当に大好きな作品。こうやって皆さんに届けることができて幸せです」と目に涙を浮かべながら、思いを搾り出すようにあいさつしていた。

 本作は、第32回野間文芸新人賞に輝いた柴崎友香の小説を映画化。イベント後半には、原作者の柴崎も初日のお祝いに駆けつけた。芥川賞受賞作「春の庭」など、数々の作品を世に送り出している柴崎は、「寝ても覚めても」について「自分のなかでは転機になった作品」と映画化を喜び、濱田監督や東出をはじめ、映画化に携わった人々に感謝。また東出は、単純ではないラブストーリーに「賛否は大歓迎」と語ると、「映画の根底にある愛しさや慈しみを感じてほしい」と客席に呼びかけていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]