シネマトゥデイ

佐藤健、高橋一生の怪演に衝撃と感動

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お互いの演技を称賛しあった佐藤健と高橋一生

 映画『億男』完成披露試写会が20日に都内で行われ、佐藤健が初共演を果たした高橋一生の怪演ぶりに舌を巻いたことを明かした。この日のイベントには、共演者の黒木華池田エライザ沢尻エリカ北村一輝藤原竜也大友啓史監督も来場した。

佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザら豪華な衣装でズラリ!【写真】

 約4,000人の観客の前に出演者たちは、男性がタキシード、女性は華やかなドレスに身を包んで登場。佐藤は自身が出席するイベントでは雨が降ることが多いと口にして、この日も土砂降りだったことを謝りつつ、公開を待ち望んで来場した観客に「その気持ちが本当に嬉しいです」と感謝の言葉を送った。

[PR]

 本作は、川村元気による同名小説を原作に、宝くじで3億円を当てた一男(佐藤)が、個性的な億万長者たちと出会うなかで真の幸せを探し求める姿を描く物語。『るろうに剣心』シリーズ以来のタッグとなった大友監督が手がける本作について佐藤は「役者たちがスパークするチャンスがあること」が見どころだと話す。完成した映画を観たときに「ビックリしたんですけど、怪演をされている人が多い。普通は1本の映画に1人なんですよ。みんな(怪演を)しちゃってるから」と驚いたという。

 一男の大学時代の親友・九十九役を務めた高橋も怪演を見せているようで、佐藤は「もしも僕がやれと言われたら、絶対にできない。お手上げで『すいません。どうやって芝居したらいいかわかりません』というような、すごく難しいキャラクター」と熱弁。続けて「飄々とした顔で九十九というキャラクターを成立させていたので、衝撃と感動がありました。びっくりしました」と率直な思いを吐露した。

 その高橋は佐藤の言葉に喜びつつ「今回の健くんは本当に滑稽ですよ。今まで見たことのない健くんを見ていただけるんじゃないかな。華のある人が可愛らしく困っている感じ」とファンの期待を煽った。それを受けて佐藤は「僕の中では『ダサおもしろい』がテーマでした。『こいつ、どうしようもないなあ』って笑いながら一男を見守っていただけたらうれしい」と呼び掛けた。

 さらに、作品について佐藤は「お金について描こうとした結果、人間について描いていました。自分だったらどうかなと考えられるような映画です。何か受け取ってもらえたらうれしいです」と思いを込めていた。(取材・錦怜那)

映画『億男』は10月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]