シネマトゥデイ

樹木希林さん写真展が奈良で開催 大勢の来場者が追悼

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
なら国際映画祭2018では樹木希林さんに特別功労賞を授与

 9月15日に逝去した女優の樹木希林さんの功績をたたえ、現在開催中のなら国際映画祭2018では、樹木さんに特別功労賞を授与。さらに、映画祭のメイン会場となる奈良市ならまちセンター内のレストラン coto coto では、世界的写真家レスリー・キーさんの写真などを集めた写真展「愛・樹木希林」を緊急開催。大勢の来場者が樹木さんをしのんだ。

写真展「愛・樹木希林」の様子【写真】

 樹木さん最後の主演映画となった『あん』、そして樹木さんがナレーションを務めた『』のメガホンを取った河瀬直美さんがエグゼクティブディレクターを務める“なら国際映画祭2018”。20日のオープニングセレモニーでは、長年にわたり映画界に大きな影響を与え続けた功績を称えて、特別功労賞を授与することが決定した。

[PR]

 セレモニーでは、会場中央に樹木さんのための席をひとつ用意。エグゼクティブディレクターの河瀬さんから「樹木さんのお席に向かって皆さん、盛大な拍手をお送りください」とうながされた観客は、万雷の拍手を樹木さんに送る。そのさまに、本映画祭で学生映画部門「NARA-wave」の審査員を務める俳優の永瀬正敏さんも感極まった様子で涙をぬぐった。

 レストラン coto coto のギャラリースペースでは、写真家レスリー・キーさんが撮影した樹木さんの写真、そして『あん』に出演した際の現場写真などを映画祭期間中に展示。ギャラリーには大勢の観客が来場し、「まだ信じられない」「早すぎる」といった言葉がそこかしこで交わされていた。

 またギャラリー内では、竹中直人さん、別所哲也さん、谷原章介さん、妻夫木聡さん、風吹ジュンさん、土屋アンナさん、斎藤工さん、村上淳さんたちが樹木さんに贈るメッセージ映像を上映。ありし日の樹木さんとの思い出を語る人もいれば、計り知れない喪失感を吐露する人もいるなど、それぞれに悲しみを受けとめきれていない様子がうかがい知れた。

 会場の入り口には、河瀬さんから樹木さんへ向けたメッセージを掲示。「樹木さん、あなたと過ごした様々な光景を思い返しています」という書き出しから始まるそのメッセージは、病気を患いながらも元気な姿を見せ続けた樹木さんに「あなたは最期まで女優でした」と呼びかけたり、樹木さんが女優として追い求めたものは何なのか、そして樹木さんの女優としての素晴らしさについて考察したり、娘の内田也哉子さんに対して「ややこが居てくれて心強い」と語っていた姿を明かすなど、樹木さんに対する河瀬監督の敬愛の念がせつせつとつづられていた。

 そして、そのメッセージは、『あん』で樹木さん演じた徳江の「私たちはこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。だから、何かになれなくても、私たちには、生きる意味があるのよ」というセリフで締めくくられていた。(取材・文:壬生智裕)

なら国際映画祭2018は9月24日まで奈良市内各所で開催中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]