シネマトゥデイ

北川景子、「西郷どん」で篤姫に寄り添った一年

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大河ドラマ「西郷どん」で天璋院(篤姫)を演じる北川景子

 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」に天璋院(篤姫)役として出演している女優・北川景子。大役を「ただ一つの役柄を演じた以上のものがあった」と表した言葉の裏には、どんな思いがあったのだろうか。

【写真】鈴木亮平、小栗旬ら「西郷どん」スタジオ取材会の様子

 混沌とした幕末期も、いよいよ大詰めに差し掛かり、あくまでも“武力討幕”を掲げる新政府軍に対して、旧幕府軍は徹底抗戦するのか、それとも江戸城を無血開城するのかという大きな決断を迫られる。そのキーパーソンになるのが、薩摩藩から徳川第13代将軍・徳川家定の正室となった天璋院(てんしょういん)だ。

[PR]

 この大きな局面に、鈴木亮平演じる西郷吉之助(のちの隆盛)と天璋院は十数年ぶりに再会を果たす。北川は「普通の立場で会えたわけではないですからね」と新政府側と旧幕府側という敵味方での関係性に言及するが、それでも「お稽古場で鈴木さんとお会いしたとき、立場抜きに懐かしいような、共に時代を生き抜いてきた同志のような気持ちが生まれたので、その感じが出せればいいなと思って演じました」と撮影を振り返る。

 天璋院は、劇中、登場回数こそ多くはないが、幕末の歴史上で果たす役割は非常に大きい。北川にとっては、要所で登場するたびに、空白の時間を天璋院の“成長”として表現し、視聴者を納得させなければいけないという難易度の高い役柄だ。「一番気をつけたのは、時間の経過と共に立場や身なりが変わっていくので、一つのキャラクターとして違和感を与えてはいけないということ。そこは課題として持っていたので、篤姫に関しては、描かれていない時間の歴史的事実をしっかり学んで、想像を膨らませて挑みました」

 昨年秋のクランクインから、年明け2~3月、そして今年の夏と、撮影期間は飛び飛びでありながら、約1年にわたって大河ドラマの世界に身を置いた。その間には、映画やドラマの撮影が入ることもあったが「いつ呼ばれてもすぐに天璋院に戻れるように」と常に心の片隅に寄り添っていたという。

[PR]

 北川にとって初の大河。しかも、役柄は、これまで佐久間良子富司純子菅野美穂宮崎あおいら錚々たる女優たちが演じてきた歴史上の人物。撮影前には「とても敷居が高い」と不安に襲われることも多かったというが、大河ドラマの現場は「歴史と伝統を受け継いでいるプロの職人たち」の集まりで、嫌が応にも大きな刺激を受けた。放送が開始されると、無邪気さと芯の強さを持った天璋院を、瑞々しくかつ上品に演じ、多くの賞賛を受けた。北川自身もそんな反響に「励みになり、自信になりました」と笑顔を見せる。

 「デビュー作(『美少女戦士セーラームーン』)で4クールという撮影を経験して以来の長丁場でしたが、本当に終わりたくないと思いました」とクランクアップが名残惜しかったことを明かすと、「ただ一つの役柄を演じた以上のものを得られました。俳優を頑張って続けてきて良かった」と感慨深げ。さらにキリっとした視線を向けると「またぜひ大河ドラマという空間を味わいたいです」と次なる目標を掲げていた。(取材・文:磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]