佐藤健、中村倫也、志尊淳…「半分、青い。」タイプ別イケメンを振り返り

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
そばにいてほしいナンバーワンキャラ、律役の佐藤健 - (C)NHK

 朝ドラ「半分、青い。」も残りわずか。ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみ・萩尾律を好演する佐藤健をはじめ、後半、思わぬ形でカムバックしたモテ男・まーくんこと正人役の中村倫也ら、世の女性たちをとりこにしてきたイケメンキャラをタイプ別に振り返ります!

【写真】「半分、青い。」佐藤健の制服姿

知的で繊細、そばにいてほしい…萩尾律(佐藤健)

 鈴愛と岐阜・梟町で同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみ。容姿端麗で成績優秀。優しく、包容力がある。鈴愛は幼いころから“マグマ大使の笛”で律を呼び、失恋したときには背中を借りたり、律は常にかけがえのない「ほっとする存在」。お互いに別の相手と交際、結婚していたとしても固い絆で結ばれている。思ったことをズケズケと言う鈴愛と違って繊細なため、悩んでいる時に土足で踏み込まれると動揺して怒りを露わにすることも。意外と恋愛には不器用なため、鈴愛との関係も一歩進んだかと思えば戻ったり、もどかしい。公式サイトでの佐藤のインタビューによると、律が話すのは「標準語に近い、軽い岐阜ことば」で、発音が難しいのは「ありがとう」「おめでとう」だそう。

[PR]

つかみどころのない魔性のモテ男 朝井正人(中村倫也)

 律の大学の同級生で、上京後にできた最初の友人。穏やかでふわっとした雰囲気が魅力で、女性にモテるが泣かせること多し。鈴愛ともいろいろあった。大学卒業後は一流商社に就職したが、現在は法律関係の出版社に勤務している。律とは長らく友情を育んでおり、思わぬかたちで鈴愛と再会。何となく、いつも2人のそばにいて見守っている。演じる中村は、公式サイトのインタビューで正人を「大人なのか子供なのか、いつもふんわりと、するりと指の間を通り抜けていく人」「穏やかな春の昼下がりに浮かぶ白い雲のよう」と独特の言葉で表している。

モテキャラのまーくん(中村倫也)(C)NHK

人の痛みに敏感なゲイの美青年 藤堂誠(志尊淳)

 鈴愛の漫画家時代の仲間。いつもオシャレ。「ボクって……」が口癖なのでボクテと呼ばれている。カリスマ少女漫画家・秋風羽織(豊川悦司)のアシスタントで、芯が強くかなりの野心家。親からは「早く結婚して家業の呉服屋を継げ」と言われていたが、鈴愛、裕子(清野菜名)を大きく引き離すかたちで漫画家として大成した。鈴愛が漫画家として悩んでいたり、失恋して落ち込んでは根気強く叱咤激励していた。恋愛偏差値は高いようで、秋風の前で裕子とともに律の「いつの間にか婚」説を展開して話題に。酒癖が悪く、酔うと口が軽くなる。

チャーミングなボクテ(志尊淳)(C)NHK

愛されキャラのクリエイター 森山涼次(間宮祥太朗)

 鈴愛の元夫で、映画監督。芸術家肌の映画監督・元住吉祥平(斎藤工)に心酔し、彼の助監督を務めていた。3才の時に両親を交通事故で亡くし、叔母である“三オバ”こと藤村三姉妹(キムラ緑子麻生祐未須藤理彩)に溺愛されて育つ。料理上手で人懐っこい性格で誰からも好かれるが、飽きっぽい。漫画家としての夢破れ、100円ショップで働いていた鈴愛とスピード婚し、子をもうけるが、映画監督になる夢を諦められず苦渋の決断をすることになった。娘の花野(山崎莉里那)は、今でも彼が与えたキツネのぬいぐるみを大切に持っている。

鈴愛と嵐のような結婚生活を送った涼次(間宮祥太朗)(C)NHK

アメリカ育ちのマイペースな不思議くん 健人(小関裕太)

 鈴愛の実家のつくし食堂で見習いとして働き始め、やがて鈴愛が祖父の仙吉(中村雅俊)の助けを得て立ち上げた仙吉カフェで働く青年。両親は日本人だが、アメリカ生まれのアメリカ育ちのため、標準語、関西弁、カタコトの日本語、英語が入り混じった独特の日本語を話す。鈴愛の部屋をアメリカナイズして住んでいる。夢はアメリカでカツ丼を広めることだったが、鈴愛の幼なじみ“ブッチャー”の姉でお嬢様の麗子(山田真歩)と運命の出会いを果たし……。朝ドラ初出演の小関は、大好きだったという本ドラマへの出演に大喜び。五平餅作りもかなり本格的に練習したとか。

キョーレツな天然キャラ・健人(小関裕太)(C)NHK

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」は月~土、午前8時~8時15分・NHK総合にて放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]