佐野玲於の「異性にモテる三箇条」に吉田羊も共感!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
佐野玲於

 GENERATIONS from EXILE TRIBE佐野玲於が20日、新宿ピカデリーで行なわれた映画『ハナレイ・ベイ』公開記念舞台あいさつに出席し、異性にモテる三箇条を披露した。本舞台あいさつには、佐野のほか主演を務めた吉田羊村上虹郎松永大司監督も出席した。

【写真】佐野玲於、吉田羊にサプライズプレゼント!

 村上春樹の短編集「東京奇譚集」の一篇を映画化した本作。ハワイのハナレイ・ベイでのサーフィンの事故によって一人息子を亡くしたシングルマザーのサチ(吉田)の再生を描いた物語。佐野はサチの息子タカシを演じた。

[PR]

 原作や劇中でも登場する「異性にモテる三箇条」。佐野は「美味しいご飯に連れて行く」「話をよくきく」「仲間に会わせる」という三箇条を発表。それぞれについて、佐野なりの持論を展開すると、吉田は「仲間に合わせてくれるというのは嬉しいですよね。彼が大事にしている人に会わせてくれるというのは、それだけ大切に思ってくれているということだからね」と同意。それを聞いた佐野は「よしっ!」と満面の笑みを浮かべて喜んでいた。

 アーティストとして活動する一方、俳優業も出演作が続いている佐野。本作も事務所の会長である EXILE HIRO が観てくれたことを明かすと「人生の大先輩であるHIROさんが、この作品を絶賛してくださったんです。僕らなんかよりはるかにすごい人生経験をされている方が、この映画を観てなにかを感じてくれているというのを聞くと、しっかり(映画のメッセージが)届いているのかなと思いました」と続けた。

 また佐野は、本作の主人公となるサチのことに思いを馳せると「この映画のサチのような人は、世の中にたくさんいると思います。そんな人たちが一歩踏み出せる勇気を持てる映画になっていたなら、僕が参加した意味があるのかもしれません」と熱い思いを語っていた。(取材・文:磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]