趣里『生きてるだけで、愛。』ヒロインに自分を投影

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『生きてるだけで、愛。』完成披露イベントが開催された

 女優の趣里が20日、都内で行われた映画『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台あいさつに登壇し、役に込めた熱い思いを語った。この日は、菅田将暉仲里依紗西田尚美石橋静河織田梨沙関根光才監督も来場した。

【写真】オシャレなファッションで登場した趣里

 同作は、今を懸命に生きる、不器用な男女のまっすぐでエモーショナルなラブストーリー。過眠症のせいで引きこもり状態の寧子(趣里)と、ゴシップ記事の執筆に甘んじている編集者で恋人の津奈木(菅田)の微妙な関係が、津奈木の元カノ・安堂(仲)が現れたことで変化していくさまを描く。

[PR]

 趣里は「脚本の持つエネルギーを感じて、その初期衝動を大切に演じました」と紹介。また、「自分自身と向き合う時間が多かった」そうで、関根監督は「寧子が抱えている鬱屈した思いを(趣里の)人生から掘り出して投影するため、クランクイン前にプライベートの話をたくさん聞いた」と明かした。中には「おぉ、それ大丈夫? みたいな話もあった」と明かすと、菅田は「それはどんな?」と関心を寄せていた。

 その菅田は「寧子に会わないと始まらない」という思いから、主だった役作りはせずに撮影に臨んだそうだが、趣里は「自然体のままで寧子のエキセントリックな部分を受け入れてくださった」と感謝。菅田は「シリアスなシーンもハードなシーンも多いですけど、そういう現場の方が仲良くなる」と話し、撮影自体はもちろん、趣里にはボクシングを教えたり、逆にストレッチを教わったりと、休憩中も「楽しかったです」と笑顔を見せた。

 そんな中、仲は「台詞が長かった。それが辛かったですね」と苦笑いすると、「(安堂が)延々としゃべっていて、覚えづらいんです」とぶっちゃけ。さらに、「フィルムで撮る映画は久々だったので、それで身が引き締まりました。楽しかったです」と喜びながら、「フィルムは(値段が)高いし、NGを出せないから頑張らないと! というプレッシャーと、台詞長いしどうしよう……と結構パニックになってました」と吐露し、会場の笑いをさらっていた。(取材:錦怜那)

映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]