稲垣吾郎、新たな自分に出会えた!主演作『半世界』に感激

第31回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『新しい地図』として活動の幅を広げる稲垣

 俳優の稲垣吾郎が30日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた映画『半世界』(2019年2月公開)の記者会見に、阪本順治監督と共に出席した。

【動画】映画『半世界』本予告

 100人以上の報道陣が詰めかけ、通路にまであふれかえる会場に現れた稲垣は、「僕にとって憧れの映画祭にお招きいただきありがとうございます」と笑顔。オープニングでのレッドカーペットについても「歩いてそうで、今まで一回も歩いたことがなかったので初めての経験で夢のようです」と感激していた。

[PR]

 同作は、阪本監督が脚本も担当したオリジナルのヒューマンドラマ。山の中で炭焼き職人として生きる39歳の紘(稲垣)が、旧友との再会をきっかけに自身を見つめ直す姿が描かれており、長谷川博己池脇千鶴渋川清彦が共演する。

 司会者から「情けないダメ親父ぶりがはまっていた」と褒められた稲垣は、「複雑な心境です」と苦笑しながら、「そもそも自分がどういう人間なのかはわからないですし、ピッタリの役が何なのかはわからなくてもいい。じゃないといろんな役を演じていくことができない」と役者としての見解を示した。その上で、「ここ数年での自分の環境の変化があって、仕事の仕方も変わりって、いろんなことがあった中で役者として初めてのお仕事だったので、そういう意味では、見たことない自分がスクリーンに現れる作品に巡り合えたことは幸せ」と感慨をにじませた。

 その「見たことない自分」を詳しく尋ねられた稲垣は「チェンソーを持って木を伐採したり、頭にタオルを巻いてミカンを食べたり、日本の原風景のような田舎で生活する稲垣吾郎は見たことがなかった」と返答。さらに、「ミカンの皮の剥き方ひとつまで、仕草は細かく指導してもらいました」と明かすと、「物を指す仕草も僕だったら優雅に(指してしまうけど)、『ぶっきらぼうに男っぽくやってみろ』とか(阪本監督に言われた)」ともぶっちゃけ、笑いを誘った。

[PR]
記者会見に登場した阪本順治監督(左)と稲垣吾郎

 とはいえ、「自画自賛みたいなところがあって、自分じゃない自分が映っていたということは役を演じ切れていたと思っている」と自信をのぞかせる稲垣。また、作品にちなみ「男の友情や絆」に関して問われると、「古くからの友達はいないタイプですけど、ずっと仕事は男のグループでやって来て、形は変わったけど『新しい地図』として香取(慎吾)くんや草なぎ(剛)くん、多くのファンの方と共に、その地図を広げて行くことに無我夢中です」と胸中を明かし、「友情と仕事の仲間は違いますけど、絆みたいなものは僕らにもありますし、わかりますし、二人にも早く観てほしい」と声を弾ませていた。(取材:錦怜那)

第31回東京国際映画祭は11月3日まで開催中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]