上白石萌音「銃夢」ハリウッド版で吹替声優に挑戦!初体験の黒レザーで登場

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
レザージャケットでクールに決めた! 上白石萌音

 女優の上白石萌音が8日、木城ゆきとの漫画「銃夢」を映画化した『アリータ:バトル・エンジェル』と、東京スカイツリータウンのコラボ点灯式に出席。この日は、主人公アリータの日本語吹替え版声優を務めることも発表され「身の引き締まる思いです」と笑顔を見せた。

【画像】上白石萌音がイルミネーション点灯!

 ジェームズ・キャメロンが脚本と製作を手掛け、ロバート・ロドリゲス監督がメガホンを取る本作は、近未来を舞台に、圧倒的な戦闘能力を持つサイボーグ少女が、世界を変える戦いに挑む姿を描くSFアクション。歴史的ヒットを記録した『君の名は。』など、アニメーションの声優経験はある上白石だが、ハリウッドの実写作品への参加は初となる。

[PR]

 役を理解するために原作コミックも読み込んだ上白石は、その際「サイボーグとしての最強の体と、人間の心を持った女の子が、周囲の人と接していくなかで、どう成長していくか」とアリータの肝になる部分を見出したといい、「その変化を丁寧に演じていきたい」と抱負を述べた。

ちょっと恥ずかしい? ソードを振り上げる上白石

 またこの日は、アリータの勇ましい姿に負けないようにという意気込みから「着たことがなかった」という黒のレザー姿も披露。「すごく恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべながらも、劇中の武器をイメージしたダマスカスソードを振り上げ、点灯式に挑む。

 ソードを振り下ろすと共に、スカイツリーが美しい光に彩られると「生まれて初めて剣を振り上げました。こうやってアリータは戦うんだなと実感しました」と上白石。続けて「キャメロンが、当時13歳だった娘さんを思って描いたのがアリータだと聞きました。そんな愛のあるキャラクターを噛みしめながら、しっかり演じていきたいです」と作品に対する熱い思いを語っていた。(磯部正和)

映画『アリータ:バトル・エンジェル』は2019年2月22日全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]