仮面ライダーは虚構の産物だった…?『平ジェネFOREVER』衝撃の予告編

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』本ポスタービジュアル - 「ジオウ&ビルド」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(12月22日公開)の本予告が公開され、本編映像が初披露された。「仮面ライダーはテレビの中の絵空事……」という衝撃のセリフとともに、ベールに包まれていたストーリーの一端が明らかになった。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』本予告

 2000年に放送を開始した「仮面ライダークウガ」から始まり、放送中の最新作「仮面ライダージオウ」まで、20作品が誕生した「平成仮面ライダー」シリーズ。公開が控える劇場版はその集大成とも言うべき1作として、ファンから大きな注目を浴びている。

[PR]

 新たに公開となった本予告映像は、燃え上がる炎をバックに佇む20人の平成仮面ライダーたちの姿から始まる。彼らが築き上げてきた歴史を感じさせるシーンが流れていくが、唐突にウォズ(渡邊圭祐)の「仮面ライダーはテレビの中の絵空事……」という衝撃的なセリフが響く。

 そして、平成仮面ライダーたちが“虚構の産物”であることを突き付けるように「仮面ライダージオウ」のポスターや仮面ライダーグッズなどが映し出される。さらに、消えゆく仮面ライダージオウ、仮面ライダービルドを横目にスーパータイムジャッカーのティード(大東駿介)が「平成仮面ライダーの歴史が終わりを告げる」と宣言するという衝撃的な内容となっている。

 本作には、奥野壮犬飼貴丈押田岳大幡しえり、渡邊圭祐、赤楚衛二高田夏帆武田航平水上剣星福崎那由他斎藤汰鷹、大東駿介、石丸謙二郎生瀬勝久が出演。声の出演には滝藤賢一関俊彦遊佐浩二てらそままさき鈴村健一らがそろう。監督を山口恭平、脚本を下山健人が担当する。(編集部・小山美咲)

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』ストーリー

常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じ、まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていく。さらに、二人の前にスーパータイムジャッカー・ティードが現れる。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年・アタルに出会う。一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまう。強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」。彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体……? なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか? 謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]