山田孝之、本番中に気絶…救急車を呼ばれる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
佐藤健は「本当に男前」と語った山田孝之

 俳優の山田孝之佐藤健が23日、新宿バルト9で行われた映画『ハード・コア』(公開中)初日舞台あいさつに登壇。佐藤は山田の役者としてハードすぎる一面を暴露し、観客を驚かせた。この日は荒川良々、ロボオ(劇中に登場する謎のロボット)、山下敦弘監督も来場した。

山田孝之、佐藤健にメロメロ【写真】

 作品にちなみ、“ハード”トークを展開する中、佐藤は「この人(山田)くらいハードに生きている人はいない」と切り出すと、「よく“役に入り込む”と言うけど、深さの次元が違う。本番中に気を失ってるんですよ。台本に慟哭すると書いてあって、慟哭して救急車呼ばれたりしてるんですよ」と暴露。自身はそこまではいけていないそうで感心していると、山田から「いかなくていいと思う。(周りを)不安にさせるだけだから」と止められていた。

[PR]

 その山田は「ハードだなと思います。なんでこんなに大変なんだろうと思いますけど、やりがいがあるし楽しいですよ」と自身の人生について語ると、「勝手な使命感でやっているので仕方ないかな。早死にする人の典型ですよね」と自嘲した。

 狩撫麻礼といましろたかしによるコミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を、山田孝之主演・プロデュースで映画化した本作。都会の片隅で生きるはみ出し者の主人公・右近(山田)とエリートの弟・左近(佐藤)、右近の心優しい友人(荒川)が、1体の古いロボットを発見したことから人生を一変させる様子を描く。

 山田は「本当に嬉しいです。絶版している漫画を映画化するというのは、普通では手を出さないところですけど、素敵な作品なので、映画にすることで一人でも多くの人に広められてよかったです」としみじみ。

 佐藤にとって左近と右近は「似ていないようで似ている兄弟」だったようで、「似せようと意識しなかったけど、われながら似てるなぁと思ってうれしかった」と笑顔。そんな佐藤を隣で見つめる山田は「格好いいな。最近、髪伸びて上げてるじゃないですか。下ろしてる姿しか見てなかったから、本当に男前だなと思っちゃう」とメロメロ。佐藤は「ありがとうございます」とはにかみながらも「アプローチの仕方が綾野剛と一緒」と指摘すると、山田は「綾野剛が俺に寄せてるの」と訂正して笑いを誘っていた。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]