林遣都「殴っていい?」高杉真宙の熱演に奮い立つ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
それぞれの熱い思い!

 高杉真宙林遣都が23日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『ギャングース』(公開中)の初日舞台あいさつに出席。林は裏社会に精通する情報屋を演じ、高杉演じる主人公の一人と距離感を保ちつつ協力し合う役どころだったが、「鬼気迫る感じがすごく伝わってきた」という高杉に負けないようにと「本当に殴っていい?」と承諾を得たうえで撮影に挑んだことを明かした。

林遣都、高杉真宙の鬼気迫る演技に「僕も闘っていました」【写真】

 犯罪者だけを標的とする窃盗「タタキ」稼業で過酷な社会を生き抜こうとする三人の少年たちを描く同名青春漫画を映画化した本作。高杉は「タタキ」専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを演じており、舞台あいさつには工具全般担当のカズキ役の加藤諒、車両・機動担当のタケオ役の渡辺大知のほか、山本舞香篠田麻里子MIYAVI入江悠監督も登場した。

[PR]

 高杉は「この作品を知った時に衝撃を受けたんです。自分のいる世界なのに、こういう世界があるんだって。それを伝えられる職業だからこそ、知ってもらえるよう努力してきました。たくさんの人に観ていただいて、自分たちが伝えたいことが伝わっていればいいな」と感慨深げにコメント。

 そんな高杉に情報屋役として対峙した林は「出演シーンもそんなに多いわけではなく、ちょくちょく出てきて口数も少ない役だけど、得体の知れない感じ、裏稼業で一歩間違えたら命に関わるような危ない仕事をしている、そんな感じを出そうと思って演じました」と明かす。高杉と対面した時はその鬼気迫る感じに奮い立ったといい、撮影前「本当に殴っていい?」と高杉に相談。これに高杉が「なんでも来てください」と快く応じたと述懐。「僕も闘っていました」と照れくさそうに振り返った。

 加藤や渡辺は、犯罪集団トップ役のMIYAVIの迫力にも圧倒されたといい、加藤は「オーラがすごかった。撮影中、(息の白さを消すために)氷をかじっていたりして、恐竜みたいだった」と紹介。渡辺も「目からほとばしる思いがすごかった。自分も気持ちで負けちゃいけないなって。逆に鼓舞してもらえている気がした」と言うと、MIYAVIも笑顔。加藤には「今日の(加藤の)衣装のほうが圧倒されます」と冗談で切り返し、渡辺には「ミュージシャンなのでセッションしているみたいでした」と返答。また、「対決シーンでは彼ら3人(高杉、加藤、渡辺)がまっすぐぶつかってきてくれたので、その心の骨をどう折るか考えていました」と気合いの入った撮影エピソードも語っていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]