杉野遥亮&稲葉友、バスケ経験に感謝!『春待つ僕ら』でバスケ男子に

左から磯村勇斗、北村匠海、稲葉友、杉野遥亮
左から磯村勇斗、北村匠海、稲葉友、杉野遥亮 - (C) あなしん/講談社 (C) 2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

 青春映画『春待つ僕ら』(12月14日公開)でバスケ部に所属する男子高校生役を務める杉野遥亮稲葉友が、バスケに夢中になっていた過去のエピソードを明かした。

【動画】杉野遥亮の本気バスケ!『春待つ僕ら』メイキング映像

 本作は、土屋太鳳演じる一人ぼっちで孤独な高校生・美月が、北村匠海ふんする同級生でバスケ部員の永久と出会い、成長する物語。永久と同じバスケ部のメンバー、恭介役を磯村勇斗、竜二役を杉野、瑠衣役を稲葉が務め、美月の幼なじみで帰国子女の天才バスケ選手・亜哉役を小関裕太が担う。

[PR]

 北村、磯村、杉野、稲葉らバスケの経験のあるキャストが出演している同作は、バスケの試合のシーンも見どころの1つとなっている。バスケ一筋で常に一生懸命な竜二役の杉野は、小学生のころに地域のミニバスチームに所属していたといい、「(所属していたのが)強豪チームで、そのときは大事なものという感覚は抱いていなかったのですが、こうして竜二を演じることができたので、財産になりました」とコメントしている。

01
稲葉友と杉野遥亮 - (C) あなしん/講談社 (C) 2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

 また、瑠衣役の稲葉は、バスケを始めたきっかけについて「兄2人が野球をやっていて、教員の父も野球部とバスケ部の顧問をやっていたんです。僕は、とにかく兄と同じことをするのが嫌で、少し逃げだったのかもしれませんが、バスケ部に入部しました」と告白。「先輩や僕らの代のバスケ部がすごく強くて、そこで3年間バスケをしました。3年間いろいろあったけど続けて良かったと思います」とプレッシャーを感じて弱かった自分が強豪バスケ部への入部で強くなったという。

 今作のメガホンを取ったのは、『ROOKIES -卒業-』などで知られる平川雄一朗監督。監督は「バスケのシーンこそかっこよく、説得力がないといけない」と『春待つ僕ら』の取材でも語っており、バスケのシーンは特に力を入れたと明かしている。メイキング映像にも、杉野らバスケ部キャストに「燃えて、全然足りない」と熱く演技指導する監督の姿が収められている。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]