土屋太鳳×百田夏菜子が音楽ユニット役!SPドラマ「約束のステージ」で初共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
70年代ヒット曲を熱唱! ユニットを演じる土屋太鳳と百田夏菜子

 女優の土屋太鳳と、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が、2019年春に放送される読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」で初共演することが明らかになった。1970年代を舞台に、歌手になる夢を目指してユニットを結成する女性たちを演じる。

 本作は1970年代に放送され、五木ひろし八代亜紀山本譲二天童よしみなど、多くのスター歌手を輩出した読売テレビ制作の勝ち抜きオーディション番組「全日本歌謡選手権」がモチーフの青春ドラマ。現代から1975年にタイムスリップしてしまった主人公・小沢翼(土屋)と、路頭に迷う彼女を助けた女性・大空つばさ(百田)が、お互いの歌手になる夢をかなえるため、ユニットとして「全日本歌謡選手権」に出場する姿を描く。

 土屋と百田は、70年代をイメージした衣装に身を包み、当時のヒット曲を熱唱。名曲に挑む土屋は「私は音楽が本業ではないので、自分が足を踏み入れていいのかと思ったのですが、ずっと音楽からパワーをもらってきた側の人間として、音楽への感謝や尊敬を持っているからこそできる表現を心がけたいです」と真摯(しんし)にコメント。また百田も、脚本を読んだ時点で「やばい、歌の上手い役をやるんだ!」と思ったことを告白しながら「偉大な先輩方が生き抜いてきた1970年代の歌をこのドラマで歌えるのはありがたいことで、より頑張らないといけないなと思っています」と意気込む。

[PR]

2人の70年代ファッションにも注目

 くしくも同い年の2人は、別の世界で活躍する同年代との初共演にも歓喜。「高校の文化祭では必ずももクロが流れていましたし、私が元気をもらっていた方々のリーダーとご一緒するので、すごくドキドキしています(笑)」(土屋)、「普段は違う場所で活躍されている方とこういう形でご一緒できるのがすごくうれしいです」(百田)と語っている。共演者は今後発表予定で、「全日本歌謡選手権」出身の有名歌手の出演も予定されているとのこと。また、人気音楽家が手掛けるオリジナルテーマ曲も制作される。

 監督は、『陽はまた昇る』(2002)、『半落ち』(2004)、さらに土屋が“節目”と振り返る『日輪の遺産』(2010)など数々の名作映画を手掛ける佐々部清。脚本は「グッド・ドクター 」、「僕たちがやりました」など話題作を担当した徳永友一が務める。(編集部・入倉功一)

読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」は2019年春放送(2時間ドラマ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]