横浜流星、女性をドキドキさせる役へのプレッシャーを明かす!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
横浜流星

 俳優の横浜流星が8日、都内で行われたドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系、1月15日火曜22時スタート)完成披露試写会・舞台あいさつに登壇し、女性をキュンキュンさせる役柄に挑むプレッシャーなどを明かした。舞台あいさつには主演の深田恭子、共演の永山絢斗中村倫也も出席した。

【写真】横浜流星の笑顔に癒される!ドラマ「初めて恋をした日に読む話」舞台あいさつ

 本作は、恋も受験も就職も失敗した塾講師のアラサー女子・春見順子(深田)が、教え子の東大受験というチャレンジをきっかけに、人生を取り戻していこうとする姿を描いたラブコメディー。横浜は、順子と共に東大受験を目指すピンクの髪の不良高校生・由利匡平を演じる。

[PR]

左から、中村倫也、横浜流星、深田恭子、永山絢斗

 オーディションで匡平役を勝ち取った横浜は、これまでも少女コミック原作の作品に出演した経験はあったが「視聴者をストレートにドキドキさせる立ち位置の役柄は初めて」とのこと。監督やスタッフから「もっとドキドキさせて! いまのじゃドキドキしない」とはっぱをかけられることもあったという。

 試行錯誤を重ねながらの撮影のようだが、永山は第1話で横浜が舌をペロっと出すシーンを振り返り「僕はすごくドキドキしたよ」と温かい言葉をかける。永山の言葉に「本当ですか?」とホッとした表情を見せた横浜だったが、中村が「あれ俺もやろうかな」と発言すると、慌てて「僕の技にさせてください」と懇願。男性陣のチームワークの良さがうかがえる瞬間だった。
 
 昨年は4本の出演映画が公開されるなど、大活躍だった横浜。「いまはこのドラマのことで精いっぱいです」と謙虚に語りながらも「なんとかいいスタートを切って、匡平と共に僕も成長したい」と力強く意気込んでいた。今年は本ドラマのほかにも、主演映画『愛唄 -約束のナクヒト-』(1月25日公開)、『チア男子!!』(5月公開)が控えている。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]