貫地谷しほり、長濱ねるの可愛さにベタ惚れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
長濱ねる、貫地谷しほり

 貫地谷しほり長濱ねる欅坂46)が8日、都内で行われた長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」(NHK)の試写会に出席し、撮影の様子を振り返った。貫地谷は、撮影後に長濱から手紙をもらったエピソードなどを明かして「本当に可愛くて、撮影中はみんながねるちゃんのファンでした」と絶賛していた。

長濱ねる、キュートに登場【写真】

 長崎県島原市を舞台とする同ドラマは、惜しまれつつ閉店した銘菓「かんざらし」の名店「銀流」を復活させるために東京からやってきた桐畑瑞樹(貫地谷)が、さまざまな人たちと力をあわせながら奮闘する姿を描く人間ドラマ。長崎出身である長濱は、店で働くアルバイト役で出演している。

[PR]

 長濱は撮影を振り返って「やったことのない、新しいことだらけの現場だったのですが、貫地谷さんをはじめ周囲の人々に助けてもらい、頑張れました。撮影が終わるころにはホームシックになったような気分になるほどで。長崎の人も自然も素敵。改めて長崎のことが好きになりました」と長崎で行われたロケを回顧した。続けて「私は魚とお刺身が大好きなんですけれど、島原のスーパーで買うと、いろんなお魚が本当に安く買えて……。毎日食べていました」としみじみ。

 また、長濱は人見知りであることから、貫地谷との初対面の場では自分から隣の席に座って積極的にコミュニケーションを取ったことも紹介。「食事会の席では、緊張するので隣に座ろうって。一緒に座らせてもらってお話したら、テレビで観ていたそのままの印象で、気さくで本当に優しくて、撮影中も一緒にアドリブを考えてくれたりして、とても助かりました」とにっこり。

 貫地谷も長濱との共演に感慨深げな様子で「本当に可愛くて。クランクアップしてからお手紙をいただいたんですけど、お手紙なんか子役の子にしかもらったことがないのでびっくりしました。撮影中はみんながねるちゃんのファンでした」と嬉しそうに語った。

[PR]

 さらに貫地谷は、島原市おもてなし課職員役で出演する遠藤憲一についても「これが一番遠藤さんの素に近い役なんじゃないかって思います。遠藤さんが現場の空気を作ってくれました。撮影中も宇多田(ヒカル)さんやAKB48、マイケル・ジャクソンの曲で踊って、ムードメイカーとはまさにこのことかと思うくらい。大きな人柄で現場の空気を作ってくれました」と絶賛。長濱も「優しくてお父さんみたいでした」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」は2月6日よる9時よりBSプレミアにて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]