怪盗キッド×京極真×工藤新一が三つ巴『名探偵コナン 紺青の拳』新ビジュアル!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
雌雄を決するバトルが繰り広げられる - (C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 人気アニメ「名探偵コナン」劇場版シリーズ23作目となる最新作『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』(4月12日公開)から、怪盗キッド、京極真、工藤新一の三つ巴の様子が表現されたメインビジュアルが公開された。

舞台はシンガポール!『名探偵コナン 紺青の拳』新ビジュアル【画像】

 19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」をめぐってストーリーが展開していく本作。コナンとその宿命のライバルで“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッドは、マリーナベイ・サンズで起きた殺人事件や“獅子の国”シンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくことになる。

[PR]

 今回公開されたメインビジュアルは「雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」というコピーが示すように、勇ましい表情の京極と悠然と微笑む怪盗キッド、そして物語の鍵を握るブルーサファイアを持つ新一が描かれている。ほかにもライトアップされたシンガポールのマリーナベイ・サンズとマーライオン、シンガポールフライヤー、不敵な笑みを浮かべるコナンの姿など、劇場版として初の海外を舞台とする本作へ期待が高まる要素が詰まっている。

 あわせてコナンとキッド、京極がそれぞれの拳を突き出す「フィストビジュアル」も公開。シンガポールにちなんだ獅子のモチーフを背景に、各々がグー・チョキ・パーを出して“あいこ”のように永遠に決着が付くことのない三つ巴の関係を表現したビジュアルになっている。

 また、原作者の青山剛昌からは以下のようにコメントが寄せられた。「どーも青山です! 今年の映画は、初めての海外! シンガポールで、コナンやキッドが大活躍! 付き合ってホヤホヤの蘭と新一も気になるトコだろーけど……見どころは、なんと言っても、京極vs.キッド!! 出る漫画を間違えてるくらい強い京極の、ド派手なアクションを、どうぞ大スクリーンで“拳”を握り締めながらご堪能あれ」。(編集部・大内啓輔)

[PR]

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』ストーリー

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現したとき、マリーナベイ・サンズにて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた──。一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦するため、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は……!? そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される! 
かつて海底に葬られた「伝説の秘宝」が時を経て、“獅子の国”に蠢く巨大な闇を呼び覚ます!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]