佐野勇斗、初共演の先輩・本郷奏多は「優しいアニキ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
佐野勇斗と本郷奏多

 佐野勇斗本郷奏多が25日、映画『凜-りん-』公開1か月前「プレミア試写会」に出席し、初めての共演について思いを口にした。この日は、共演者の須賀健太亀田侑樹櫻井圭佑平祐奈石田ひかりも来場した。

佐野勇斗×本郷奏多『凜-りん-』予告編

 芥川賞作家の又吉直樹ピース)が2007年上演の舞台のために書き下ろした作品を実写映画化した本作。「100年に1度、村から子供が消える」という伝説がある村を舞台に、高校生たちが不思議な現象に遭遇する姿を描き出す。公開を1か月前に控えるこの日、ダブル主演を務める佐野と本郷をはじめ、出演者たちが上映前に舞台あいさつを行った。

[PR]

 主演の2人は本作が初共演となるが、佐野は「奏多くんは事務所の先輩なのですが、事務所に入る前から奏多くんの出ている作品を観ていて、勝手に奏多くんのことをミステリアスに感じていたんです。でも(実際に会うと)本当に優しいんですよ。LINEも交換してくれたし、優しいアニキという感じでした」と笑顔でコメント。しかし、それを聞いた須賀たち共演者たちは「(自分たちは)交換していない!」とざわつき、会場を大いに沸かせた。

 そんな須賀も「僕は本郷さんのことは存じ上げていましたが、共演したことがなかったので、共演できるのが嬉しくて。(撮影を)待っているときも(本郷が)『須賀健太、好きだわ』と言ってくれたし」と嬉しそうな表情を見せた。

 一方の本郷は、佐野のことを「真っすぐで、かわいい子という感じでしたね。一瞬たりともダークな部分が見えないので、いい子なんだろうなと思いました」と評しつつも、すかさず「今のところはね」と付け加えてみせる。すると佐野は思わず笑ってしまうなど、仲良しぶりを見せつける一幕も。また、母親役の石田からも「本当に素直でかわいかった」と称賛されるなど、佐野は共演者たちから愛されている様子だった

 さらに、芥川賞作家である又吉の作品が原作となったことについて、佐野は「昔からミステリー系の小説が好きだったので、演じる以前に一読者として楽しめました」と語る。本郷も「又吉さんが書いたミステリーということで、どうなるのかと先が見えない作品でした。最後までドキドキして(舞台を)観ていたので、映画もうまくいっているんじゃないかなと思います」と映画の出来に自信を見せていた。(取材・文:壬生智裕)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]