ビル・ヘイダー、アダム・マッケイら受賞 全米監督組合賞テレビ部門

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「キング・オブ・メディア」のスタッフ&キャスト - Photo by Jim Spellman / WireImage/Getty Images

 第71回全米監督組合(DGA)賞が発表され、すでに賞レースで数々の賞を受賞している「マーベラス・ミセス・メイゼル」が無冠に終わるという結果になった。

【写真】コメディー部門でビル・ヘイダー監督受賞の「バリー」

 コメディー部門では「マーベラス・ミセス・メイゼル」のダニエル・パラディーノエイミー・シャーマン=パラディーノ夫妻が5ノミネート枠のうち2枠を、「アトランタ:略奪の季節」のドナルド・グローヴァーヒロ・ムライも2枠を獲得していたが、残り1枠でノミネートされていた「バリー」のビル・ヘイダー監督が見事に受賞。ドラマ部門は「キング・オブ・メディア」のアダム・マッケイ監督に贈られた。

 ほかには、リアリティー番組部門で、世界の料理でシェフが対決するNetflix番組「ファイナル・テーブル」の日本を題材にしたエピソードを監督したラッセル・ノーマンが受賞。同エピソードには森星綾部祐二(ピース)らが審査員として出演している。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]