笑福亭鶴瓶、役づくりで7キロ減量!10年ぶり主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
綾野剛、笑福亭鶴瓶、小松菜奈が共演

 落語家でタレントの笑福亭鶴瓶が、今年11月公開予定の映画『閉鎖病棟(仮)』で、『ディア・ドクター』以来10年ぶりに映画主演を務めることが明らかになった。鶴瓶は役づくりのため、炭水化物を取らない食事制限や、腹部にラップを巻くダイエットなどにより、約10日で7キロ以上の減量を行った。

【写真】以前の鶴瓶と比較

 原作は1995年の山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)の同名小説。とある精神科病院を舞台に、さまざまな過去を背負い、家族や世間から遠ざけられながらも、明るく生きていた患者たちの日常を遮るように起こった殺人事件。事件をめぐり、登場人物たちの交錯するそれぞれの思いを描いた。

[PR]

 鶴瓶が演じるのは、死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し生きながらえ、今は精神科病院にいる男・梶木秀丸。その秀丸と心を通わせる精神科病院の患者・チュウさんを綾野剛、不登校が原因で精神科病院に通院する女子高生・由紀を小松菜奈が演じる。メガホンを取るのは『エヴェレスト 神々の山嶺』などの平山秀幸監督で、2011年に原作と出会い、惚れ込んだ平山監督は初めて自ら脚本を執筆し、映画化にこぎつけた。

 鶴瓶は「平山監督から、長文のオファーの手紙をいただいたのが3年前。素晴らしい作品を数多く手がけた平山監督がそこまでおっしゃるならと、お引き受けしました。とにかくいい脚本なんです」と出演を決めた理由を明かし、「クランクイン前に脚本を読んでいたら、涙が止まらず、撮影現場でも台詞を言っていても、ぐっと詰まることが度々あります。“人に優しい映画”になると確信しています」とコメントした。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]