藤原竜也『ダイナー』に窪田正孝、本郷奏多、小栗旬ら!新映像も

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
血まみれ…いったい何が!? - (C) 蜷川実花/2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

 藤原竜也が主演、蜷川実花が監督を務める映画『Diner ダイナー』の追加キャストが発表され、窪田正孝本郷奏多武田真治斎藤工佐藤江梨子金子ノブアキ小栗旬土屋アンナ真矢ミキ奥田瑛二ら豪華な面々が集結することが明らかになった。あわせて本編を収めた特報映像も公開された。映画の公開日は7月5日。

極彩色の世界…!藤原竜也×蜷川実花『Diner ダイナー』特報【動画】

 コミック化もされている平山夢明の小説「ダイナー」を藤原と蜷川の初タッグで実写映画化する本作。藤原が演じるのは、天才シェフで元殺し屋のボンベロ。蜷川撮影による血まみれのビジュアルも公開された。物語では、ほんの出来心で普通の生活から転落したオオバカナコがウエイトレスとして身売りされた殺し屋専用のダイナーを舞台に、店主と店を訪れる凶悪な殺し屋たちの異様な世界が描き出されていく。

[PR]

 今回発表された窪田、本郷ら追加キャスト全員がダイナーに集う殺し屋役を務める。なお、ヒロインともいえる役どころのオオバカナコの詳細は、今後発表される予定となっている。

 あわせて公開された特報映像は、藤原演じるボンベロの「俺は、ここの“王”だ!」という衝撃的なセリフから始まり、蜷川監督による色彩美豊かなダイナー(食堂)の一部をみることができる。ほかにもナイフを手に不気味で圧倒的な存在感を放つボンベロが「殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」と重々しく口にするなど、どのような物語が展開するのか期待の高まる仕上がりになっている。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]