14歳のタカに悩んでいた…「まんぷく」岸井ゆきの、視聴者の反響に驚き

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
笑顔に癒やされる! - (C) NHK

 放送中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」(総合・月~土、8時~ほか)で、ヒロイン・福子(安藤サクラ)のめい、タカを演じている岸井ゆきの。これまでの放送を振り返り、視聴者からの反響に驚いたことや、どう演じるか悩んでいたことを明かした。

【写真】タカの特技はハーモニカ演奏

 岸井が初登場した際のタカの年齢は14歳だった。実年齢26歳の岸井にとっては挑戦だったが、違和感を感じさせない演技力に視聴者からは称賛の声が相次いだ。「こんなに『14歳に見える!』と視聴者の方からの反響を頂けるとは思っていなかった」という岸井。当初は「どうやって演じようかと悩んでいました」と意外な胸中を明かす。幼さが残る一方で大人へと変化していく複雑な年齢ゆえの悩みだったが、実年齢と同じ26歳を演じるようになってからはシンプルに役を考えられるようになったと安堵する。

[PR]

 特に印象に残っているこれまでのシーンは三つ。「私は武士の娘の娘の娘です」と言うシーンと、父・忠彦(要潤)の魚の絵を「きれい」と言うシーン。そして、神部(瀬戸康史)と二人の洗濯物のシーンだ。

 また、妊娠する役はドラマでは初めて。「妊娠はタカにとって初めての経験で、私にとっても身重になる役が初めての経験」。通じるものを糧に、気負わずにタカと一緒に初めての経験を体感していきたいと意気込んでいる。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]