妖怪人間ベム完全新作「BEM」放送決定 声優に小西克幸、M・A・O、小野賢章

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
完全新作「BEM」のベロ・ベム・ベラ - (C)ADK-EM/BEM製作委員会

 2018年に50周年を迎えた「妖怪人間ベム」の完全新作アニメーション「BEM」が今年放送されることが決定し、ベム・ベラ・ベロ役の声優をはじめ、メインスタッフが発表された。プロモーション映像も公開されている。

アニメ「BEM」ティザー映像

 「妖怪人間ベム」は1968年に放送されたテレビアニメで、正義の心を持った3人の妖怪人間(ベム・ベラ・ベロ)が、人間のために悪と戦う姿を描いた作品。「早く人間になりたい!」と思いながらも、妖怪である故に人から決して受け入れられることはない、3人をめぐる切ないストーリーは多くの子供たちの心をつかみ、アニメ・実写ドラマとさまざま形でリメイクされてきた。

[PR]

 2019年に再び蘇る「BEM」では、3人のイメージも一新。キャラクター原案を「LAST EXILE ラストエグザイル」などの村田蓮爾(れんじ)が務め、いずれも現代的なスタイルへと生まれ変わった。ベムは小西克幸、ベラはM・A・O、ベロは小野賢章と、いずれも人気声優が声を担当する。

 劇中では、「強さ」「まっすぐさ」「切なさ」といった3人の普遍的な魅力はそのままに、舞台・キャラクター設定を一新した、全く新しい妖怪人間ベムの物語がつづられるとのこと。ビジュアルの変更により、それぞれの関係性に変化が訪れるのか。シリーズ構成は「ポケットモンスター」シリーズなどの冨岡淳広、監督は「クロスファイト ビーダマン」などの小高義規。アニメーション制作はランドック・スタジオが担当する。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]