大倉忠義&成田凌で「窮鼠はチーズの夢を見る」映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
初共演の二人 - (C) 水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

 水城せとなの大人気コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」が、大倉忠義成田凌の共演で映画化されることが明らかになった。映画のタイトルは『窮鼠はチーズの夢を見る』で2020年に全国公開。初共演となる大倉と成田が、セクシャリティーを超えた切なく狂おしい恋に全身全霊で挑む。

大倉忠義&成田凌が演じる原作キャラクター【写真】

 原作の「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」は、優柔不断な性格で不倫を繰り返してきた主人公・大伴恭一の前に、浮気調査員となった大学の後輩・今ヶ瀬渉が7年ぶりに現れ、不倫を隠す代わりに体の関係を迫ったことから始まる物語を圧倒的な心理描写で描いた人気シリーズ。

[PR]

 単独主演を務める大倉が演じるのは、今ヶ瀬の一途なアプローチに翻弄される主人公の恭一。本作について「素直に、とてもピュアなラブストーリーだと思いました。もちろん衝撃を受けましたが、恋に落ちるきっかけというのは、誰にも分からないものだなと」と感想を明かした大倉は、「人が人を好きになるということに境界線はないということを、この映画を通じて感じてもらうきっかけになればと思います」と意気込んでいる。

 そんな恭一を好きになってはいけないと頭ではわかっていながらも、彼への思いに葛藤する今ヶ瀬にふんするのは、『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『スマホを落としただけなのに』など話題作への出演が続く成田。「現場に入り、大倉さんと対峙しないと見えてこない感情はきっとあると思いますが、今ヶ瀬という役に自分がどう寄り添えるか、今から胸が膨らみますし、心のスイッチが入りました」とすでに準備万端のようだ。

 メガホンを取るのは、「マイノリティの人が受ける社会の偏見や苦悩に焦点を当てるだけでなく、人と人がぶつかり合う激しくも切ない個人の物語に惹かれ映画化を切望しました」と原作に熱い思いを抱く行定勲監督。脚本は『ナラタージュ』など監督と何度もタッグを組んできた堀泉杏が手掛ける。

 『世界の中心で、愛をさけぶ』など恋愛映画の名手として知られる行定監督は、「これは、人を受け入れることについての映画になると思います」「私の新たな恋愛映画への挑戦は、二人の持つ男の繊細さと色気で今までにない映画に昇華されることを確信しています」と力強く宣言しており、その新たな挑戦への期待が高まる。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]