佐藤健、主演作で“新しい歴史”を作り上げる気概!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キュートなスマイルを見せた佐藤健

 俳優の佐藤健が23日、都内で行われた映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつに登壇し、歴史のイメージを塗り替える気概を持って同作に挑んだことを明かした。

佐藤健の美しいほほ笑み【写真】

 日本史上初のマラソン大会といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を扱った土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」を映画化した本作。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会が、いつの間にか藩の存亡をかけた戦いへと変貌していく様が描かれる。

[PR]

 幕府のスパイとして藩に潜入する忍びの顔も持つ侍・唐沢甚内役の佐藤は、「海外の人たちと仕事をしたい」と思っていたこともあり、バーナード・ローズ監督とのタッグに感激しきり。「僕が過去に経験した中で最もスリリングな現場だったんじゃないかな。動きやセリフを決めないまま、相手の役者がどう動くか知らないままに本番に突入したので、自分のキャラクターを理解していないと成り立たない環境だった」と回顧。そして、「監督のムチャぶりを否定的に捉えるのではなく、とことん楽しんでやろうという役者の中で芝居ができたことを大変うれしく思います」と笑顔を見せた。

 また、「江戸時代の人たちの生き方、しゃべり方、走り方がわからないんですよ」と訴えつつ、「僕たちの中に武士ってこうだよねというイメージがあるけど、あれは先入観でもあり、映画が作り上げという答えにたどり着いた」と自身の見解を述べると、「今回の映画、この役は過去の作られた“歴史”をなぞるのではなく、自分たちが“新しい歴史”を提案するという思いがあった」と壮大な夢を持っていたことも打ち明けた。

 この日は、小松菜奈森山未來染谷将太青木崇高小関裕太竹中直人、バーナード監督も来場。

[PR]

 男装した雪姫を演じた小松は、「現場では『どう見ても女』って言われ続けた」と明かすが、佐藤は「『女』っていうか『小松』ね」とチクリ。しかし小松は、「それは気づかないというお約束の中で演じさせてもらいました」とにっこり。乗馬に挑戦した森山が「(大事なのは)やっぱり腰つきですよね」と乗りこなしに自信をのぞかせると、青木は「僕らの中では森山ケンタウロスって呼んでいました。馬と人が同化していた」とほめたたえて会場の笑いをさらった。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]