史上初!是枝裕和監督に2年連続の最優秀監督賞 新部門設立も提言

第42回日本アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
是枝裕和監督

 1日、第42回日本アカデミー賞の授賞式がグランドプリンスホテル新高輪で行われ、『万引き家族』の是枝裕和監督が最優秀監督賞に輝いた。是枝監督は昨年の『三度目の殺人』に続いて2年連続3度目の最優秀監督賞受賞で、2年連続で最優秀監督賞を獲得するのは日本アカデミー賞史上初の快挙となった。

是枝裕和監督『万引き家族』予告編【動画】

 日本アカデミー賞では前年の最優秀賞受賞者がプレゼンターを務めることになっており、最優秀監督賞の発表は是枝監督が行うこととなった。そして受賞者の名前を読み上げる前に是枝監督は「あれなんですよね……日本アカデミー賞に厳しい提言をしろとか、いろいろ言われてまして」と切り出した。

[PR]

 司会の西田敏行が「どうぞ、おっしゃってください。忌憚(きたん)のないご意見を」と促すと是枝監督は「そんな役割を担うのは得じゃないなと思っているんですけど」と遠慮しつつ、「前向きな提言をひとつだけさせていただくとすると、衣装という部門がこのアカデミー賞にはなくて。この映画(『万引き家族』)もですし、僕だけではないと思いますが、いろんな作品で、映るものの中でとても大事な部門だと思っています。次回からというわけにはいかないと思いますが、衣装という部門をぜひ新しくつくっていただければなと思っております」と提案した。

 この言葉に会場からは大きな拍手が巻き起こり、西田も「ヘアメイクもないですね」と同調。その言葉を受けて是枝監督は「ヘアメイクもぜひ一緒に、部門を増やしていただくのを、できればお願いしたいなと思いました」と続けた。

 そしていよいよ最優秀監督賞の発表となり、是枝監督は「じゃあ、最優秀監督賞を発表させていただきます。最優秀監督賞は……すみません、『万引き家族』の是枝裕和です」と自らの名前を読み上げた。

 発表後、喜びのスピーチを求められた是枝監督は、西田から「さっきのスピーチ、ここでやればよかったですね」と言われると「あっそうですね。でも(結果が)わからなかったので、言うとすれば最後のチャンスかなと思ったので」とし、「なので、ありがとうございました」と最優秀監督賞の受賞者としては一言だけ述べて、ステージを降りた。そんな是枝監督には惜しみない拍手が送られていた。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]